usageImage

最新の英文解析技術を用いた画期的な英語学習アプリの登場です。

英文を入力すると、その英文の理解に必要なあらゆる情報を一瞬で教えてくれます。教科書や参考書はもちろん、海外のニュース、Twitterなど、すべての英文が教材になります。

 

English Analyzerでわかること

English Analyzerは最新の英文解析技術を用いて、英文を解析してくれるアプリです。

たとえば、“We had started our picnic when the rain began.”と入力し、解析ボタンを押すと次のような解析結果が表示されます。

い

文章構造をブロックで理解

左のブロックエリアが文の構造を解析した結果です。主語(S)はWe、動詞(V)はstarted、目的語(O)がpicnicということがひと目でわかります。”had started”や”our picinic”など、意味のあるまとまりごとにブロックを分割して表示していますので、ブロックごとに意味を理解していくと非常に理解しやすいです。

whenよりうしろは文法的には従属節と呼ばれるものですが、節なので主語(S)、動詞(V)が含まれます。これらは色を変えて表示されていますので、節が明確にわかるとともに、説の中の主語、動詞の関係性もひと目でわかります。これもまず青い部分のみをみて意味を理解してから、文章全体においてどのような意味を持っているのか。という風に塊ごとに理解していくことで、全体を理解しやすくなります。

 

単語は品詞、意味の他に文法情報や熟語まで

右の単語エリアは単語を中心にさまざまな情報が表示されます。すべての単語について文章中でどの役割(品詞)で使われているかを判別し表示します。

簡易辞書を搭載しているので、単語の意味も表示されます。タップすると辞書が開きます。

単語追加情報A

辞書は一般的に使われる頻度の高い1万語を用意しました。が、さらにそれとは別に固有名詞の辞書も用意しています。ニュースなどを読み進めていると固有名詞がわからずに読み進められないことはよくありますが、それもこのアプリが支援してくれます。

その他にもさまざまな学習に役立つ情報を表示します。

  • 不規則動詞であればその活用も表示しています
  •  進行形のBeや完了形のhad、不定詞のtoなど、文法的な役割が与えられている単語については、単語の意味ではなく、文法的な役割を表示しています。

単語ごとではなく、複数の単語で意味を持つ熟語なども、表示されます。構成する複数の単語に同じ色の印が付きますが、これをタップすると意味や文法などが表示されます。

イディオム

English Analyzerがあれば…

このように、英文を入力して解析ボタンを押すだけで、S,V,O、文章の構造、単語、品詞、熟語など、英文理解に必要な情報が一瞬で表示されます。

教科書や参考書でわからない英文があったらまず解析してみてください。忘れていた情報、気づかなかった情報を、English Analyzerがズバッと教えてくれます。

English Analyzer は学生の方から社会人まで英語を学習するすべての方にお勧めできる英語学習アプリです。

English AnalyzerEnglish Analyzer
DAISUKE KAWAMURA
無料
バージョン:1.0
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

あわせて読みたい

 

Tagged with:
 

Comments are closed.