御朱印ノート

いま、静かなブームになっているのが「御朱印集め」。

「御朱印」とは、神社仏閣(寺社)に参拝した証として神社仏閣より授与されるもので、専用の御朱印帳に書いていただけます。ほとんどが手書きによるものであるため、ひとりひとりがオリジナルな御朱印をいただくことができます。御朱印は参拝の証であるとともに、お札として参拝者を守護するものでもあります。いわば、御朱印は神さま仏さまの分身です。

御朱印ノートで登録した御朱印画像

その「御朱印あつめ」をサポートするのが、iOSアプリ「御朱印ノート」です。簡単に神社仏閣を検索して、御朱印画像を登録することにより参拝記録をつけることができます。

御朱印ノート画面

神社仏閣についてGoogleやTwitterで検索できるほか、参拝予定のカレンダー登録、ジオフェンシング(神社仏閣に近づいたらアラーム鳴動)登録、Google Mapsやマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+、NaviConなどの地図ナビゲーションアプリと連携して経路検索をしたり、Google Mapsのストリートビュー表示ができるなど、参拝をサポートする機能が満載。

霊場ごとの神社仏閣数、参拝神社仏閣数、参拝達成率が把握できるので、参拝のモチベーション維持にも役立ちます。地図で開くと、参拝済とまだ参拝していない神社仏閣も一目瞭然。

iCloud Driveへのデータのバックアップと復元にも対応しているので、アプリの再インストールや機種変更時のデータの復元、ほかのiOSデバイスとのデータ同期も自由自在です。外出先ではiPhone、自宅ではiPadを使うなど、異なる機種でアプリを使用することも簡単。

御朱印ノート・霊場一覧画面

このたびリリースした最新アップデート版では、霊場一覧画面において、並べ替えができるようになりました。並べ替えは、標準、地域、達成率の3とおりです。

  • 標準:従来のバージョンから表示されている順番。アップデートにより追加された霊場の順。
  • 地域:全国、北海道、東北、関東、北陸、中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄で分類。2つの地域に跨る霊場は最も寺社が多く含まれる地域に分類(例外あり)、3つ以上の地域に跨る霊場は便宜上、全国に分類。
  • 達成率:参拝達成率の高い順。

御朱印ノート・霊場一覧画面の並び替え

今回のアップデートで、さらに霊場が見つけやすくなり、巡礼中の霊場の管理も容易になりました。これから秋が深まっていくと紅葉シーズンになり、寺社への参拝も楽しみな季節が到来します。神さま仏さまの分身である御朱印の画像を手元にいつでも携帯して、御加護をお祈り下さい。

※本記事に記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

151126_018a御朱印ノート
shinichi tanimoto
無料
バージョン:2.5.6
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

あわせて読みたい

Comments are closed.