「ライブラリアン for iPad」は、全国6000館以上の図書館から蔵書と貸出状況を横断検索できるiPadアプリ。図書館の公式サイトで貸出予約までできちゃうという読書好きにおすすめのアプリです。地図上の任意の地点や市区町村、現在地周辺から探せるほか、検索した図書館を「よくいく図書館」に設定しておけば、簡単に呼び出すこともできます。

図書館検索画面

書籍の検索は、書籍タイトル・著者名・出版社名・ISBNコードから探せるキーワード検索のほか、小説・絵本・ビジネス書などのカテゴリ毎に検索ができ、簡単に探すことができます。

書籍検索画面
書籍検索結果一覧画面

検索した書籍は、全国の図書館や現在地周辺の図書館、よく行く図書館として設定した図書館から蔵書検索ができ、貸出状況を把握できるほか、そのまま図書館の公式サイトにジャンプして貸出予約をすることまでできます。 貸出返却予定日のカレンダーへの登録、Twitterへの読書感想の投稿、書誌情報のメール送信、ネット通販サイトでの検索にも対応しています。

書籍詳細画面
図書館蔵書検索結果画面

このたびリリースした最新アップデート版では、iCloud Driveへの登録データのバックアップ(退避)とリストア(復元)をサポートしました。本機能は、iOS標準機能のiOSデバイス全体をiCloudにバックアップする機能とは異なり、本アプリで登録されたブックマーク、よく行く図書館のリストのみをiCloud上のファイルストレージ「iCloud Drive」にバックアップできます。

本アプリで登録したデータのみをリストアできるので、下記のイベントなどにおいて簡単に使うことができます。

  • アプリの再インストール時
  • 機種変更時のデータ移行
  • 同一のiCloudアカウントでサインインしているiOSデバイス間でのデータ同期

iCloud Driveはアップルが提供するクラウドストレージなので、設定アプリで事前にiCloudにサインインしておけば使用の都度サインインする必要がなく、設定アプリから容量を把握したり、アプリからデータの削除が直接操作できるなど、iOSアプリとの親和性も抜群です。バックアップ・リストア機能は万が一の備えのほか、複数のiOSデバイスで同じ登録データを管理することができるようになり便利です。

このバックアップデータは、iPhoneアプリ版「ライブラリアン」とも共用できるので、この機能を使用して外出先ではiPhoneで、自宅ではiPadで書籍を管理するなどの使い分けができます。

図書館蔵書検索アプリ「ライブラリアン」がiCloud Driveへのデータバックアップと復元に対応

読書の秋、秋の夜長は図書館で借りた本を読んで過ごしてみてはいかがでしょう?

※本記事に記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

151015_002aライブラリアン for iPad
shinichi tanimoto
無料
バージョン: 4.0
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

あわせて読みたい

Comments are closed.