この「Lens」というアプリは、それはもう極めてシンプルなアプリなのですが、あなたのプレゼンテーションをスムースなものにするためになくてはならないものになると思います。

初めてこのアプリを立ち上げた方にはびっくりさせてしまうかもしれません。これ何に使うの? どうやって使うの? シャッターとかないし。iPhoneのカメラで景色が写ってるだけなんだけど……謎ですよね(笑)。

それでは説明していきましょう。こんなシンプルすぎて意味がわからないものなのに、何故に必要不可欠なものになり得るかということを。皆さんはプレゼンテーションのときに、卓上の資料をプロジェクターに表示したり、iPhoneアプリを自分の指で操作しながらデモプレゼンを見せたりしたいときはありませんか? スティーブ・ジョブズがiPhoneを初めて発表したときの講演で、自らiPhoneを操作したときのデモがまさしくそんな感じですね。

そういうときにみなさんはきっと、デジタルカメラやウェブカメラなんかをPCにつないだりして、iPhoneを操作しているところを映しながらプロジェクター表示しているんですかね? あるいはiPhoneの画面をそのままMacにUSBでつないでQuickTimeに表示させたりしていますか? それでは操作している指が映らないからなんだかよくわからないデモになっちゃいますよね。

Lensはこれらの問題を解決します。

このLensがあれば古いiPhoneをそのようなカメラの代わりにして、プロジェクターに映すことができます。なぜiPhoneをカメラの代わりにしたいのか。その答えは簡単です。古いiPhoneも使わないともったいないから。というだけではなく、Macとの親和性が高いことや、そして何よりもAppleTVがあればAirPlayでテレビ画面に「Lens」の画面をコードレスでミラーリングできるからです。これでますます楽チンなのです。

んー、でもそれだったら、「Lens」じゃなくても、古いiPhoneの標準のカメラアプリを使えばいいのでは?

いえいえ、それではダメなんです。他のカメラアプリではボタンなどいろいろ無駄なものが表示されてしまいますが、この「Lens」では無駄なものは一切表示されません。ということは、プロジェクターに表示されるMacの画面も一切無駄なものが表示されないということです。本当に便利なものにするために検討を重ねて削って削って削ぎ落とした結果、このようなアプリとなりました。

いかがでしょうか。このアプリは本来であればiOSの標準機能であってもおかしくないと言っても過言ではないと思います。Apple Storeのワークショップなんかでも使ってもらえるといいなと思っています。

さて、推奨する使い方は次のとおりです。AirPlayを使う方法は簡単なので、AirPlayを使わない方法で説明します。古い方のiPhoneにこの「Lens」をインストールします。そして、下の画像のように三脚等で固定します。三脚は100円ショップでも手に入りますよ。他にも広角レンズやマクロレンズなんかも売ってたりしますね。

IMG_71292

そして、古いiPhoneをUSBでMacに繋ぎます。MacではQuickTimeを起動して古いiPhoneを認識させます。そうすると下の画像みたいな感じになりますね? プレゼンではこのMacの画面をプロジェクターに表示すればよいわけです。

IMG_0059

説明はここまでですが、他にもいろいろな使い方ができるのではないかと思います。ダウンロードしてどうか試してみてください。そしていろんな可能性を創造してみてください。

Icon-512@2xLens – For Your Presentation
Hideki Yonebayashi
無料
バージョン: 1.0
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

あわせて読みたい

Tagged with:
 

Comments are closed.