「うーん、目の前にそびえ立つこのビルってどれぐらいの高さなんだろう?」と思ってしまったら、もうその気持ちを抑えられなくなる人はいませんか? その気持ち、わかります。私がそうです。

で、ホームページを調べてみるけれどもさっぱり出ていないビルもあります。だいたいの高さでいいのに、窓の数を数えてみるか……? あれれ? ビルの下のほうが見えない。しかも窓の数を数えてるとどこまで数えてたのかわからなくなる……。

はいっ! だいたいの高さでいいならこのアプリを使ってみましょう! このアプリは、建物のおおよその高さを計測するためのアプリです。

計測の手順はとーってもシンプルです。

1.地図の中心に現在地をセットします。(Set Here)

2.地図の中心に高さを計測したい場所をセットします。(Set Target)

たとえば、東京タワーなら東京タワーの一番高いところを地図の中心に合わせます。

3.高さを測りたいところがカメラの中心にくるように調整します。たとえば東京タワーを測りたいときは、東京タワーのてっぺんにカメラの中心がくるようにします。

4.画面の左上に高さが表示されます。337.4mです。東京タワーは本当は333メートルですから、惜しい!(笑)

IMG_7184

無料版だとここで高さが表示されて終わりです。

そして有料版では、高さが表示されたあと、画像の辺りをタップすると高さや座標や画像が記録されて、あとで地図上で参照したり、メールでCSV形式で送信したりといろいろできます。とにかく、いろんなビルの高さをどんどん保存できます。ビルの高さマニア泣かせな有料版です。

IMG_7187

IMG_7188

と、こんな感じです。現在地と高さを測りたい場所の平面上の距離を求め、現在地から高さを測りたい場所を見上げてその角度をセンサーで取得します。そして三角関数で高さを計算して表示しています。そもそもの距離や角度に多大なる誤差を含みますので、何度も言ってますが高さはおおよそのものとなることをご了承の上でご利用ください。ちなみに東京タワーの333mですが、何度測っても333mになったことはありません(笑)。でもだいたい合ってます……。

20170712_001aHow Tall? Lite – 建物の高さを計測
Hideki Yonebayashi
無料
バージョン: 1.1
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

有料版はこちら(App StoreからDL)

あわせて読みたい

 

Tagged with:
 

Comments are closed.