本垢、裏垢、趣味垢……と、Twitterのアカウントを平均2〜3個持っていると言われている日本人。今回は、Twitterの運用がもっと楽になる管理ツール「Twipre(ついぷれ)」を、弊社アプリ「YummyCam」の公式ツイッターでの使用例をもとにご紹介したいと思います。

1)よく使うタグを登録

ツイッター内で共通の仲間を探す時点で欠かせないのがハッシュタグです。特に、「#いいなと思ったらRT」や「#○○好きな人と繋がりたい」などは使用したことがある人も多いと思います。弊社のツTwitter内でも、だいたい毎回同じハッシュタグを用いてツイートを投稿しています。ですが、よく使うタグであればあるほどいちいち入力するのが面倒くさいですよね。タグとタグのあいだにスペースを入れ忘れて、失敗してしまったりしてやり直しということもたまに起こります。そこで、「Twipre」では、よく使うタグをまとめて保存する機能を作りました。下の画像では、「YummyCam」のTwitterでよく使用するタグや、個人Twitterで使用するタグをそれぞれ保存しています。これで、あとから文章を追加するだけで効率よくハッシュタグの付いた文章を投稿することができるようになりました。

twipre1

2)定型文を登録

botのようにまったく同じではないけれど、一部分だけ変えて投稿したいような文章ってありませんか? 弊社アプリのTwitterでは「フィルター紹介」がこれに当たります。個人的なところでいくと食レポやダイエット日記など、決まったフォーマットを作っておきたいときにも「Twipre」は便利です。もちろんアプリ内からワンタップで投稿ができるので、メモ帳のようにコピーして貼り付けて……と言った作業も必要ありません。飲食店の「本日のおすすめ」紹介や勉強垢にも便利ですね! もちろん画像を付けての投稿も可能です。

twipre3

3)アカウントごとの使い分けも可能

ツイートは全6色で色分けして保存することができます。このアカウントはピンク、このアカウントは水色……と分類して下書きツイートを登録することで、いわゆる「誤爆」も避けられます。また、投稿画面の○で囲った部分を選択すると、別のアカウントが表示されます。複数アカウントを持っている人は、この機能をぜひ活用してみてください。

※表示されない場合は、お手持ちのiPhoneの「設定」→「Twitter」より、アカウントの追加を行なってください。

twipre2

twipre4

ここまで、「Twipre」の使い方を簡単に説明させていただきました。SNSは誰でも気軽に発信が行なえる次世代のマーケティングツールとして、大変注目されています。それとは別に、同じ趣味を持つ仲間たちと交流が行なえる場としてもとても有意義な場所ですよね。「Twipre」を活用して、楽しいツイッターライフを送りましょう!

twipreアイコンアプリ内につぶやきを保存!ツイート管理ツール Twipre
ANGLE INC, LIMITED LIABILITY CO.
無料
バージョン: 1.2
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn1-300x60

あわせて読みたい

Tagged with:
 

Comments are closed.