1日5分から楽しめるカードRPGゲームシリーズ第二弾「人喰い惑星」を配信しました!

cannibalismplanet2

早速このゲームをやってみます。

XXXX年、地球は滅亡した。

cannibalismplanet4

このゲームは地球から脱出した人々が、たどり着いた最果ての星で繰り広げられる物語です。たどり着いたメンバーの中で、腕に自信のあるもの達がこの星を探索しに行きましたが……彼らが戻ってくることは無かったようです。

cannibalismplanet5

みな右往左往している中で、ある男が再探索を志願します。この男こそ、勇気ある少年。勇者です!

この勇者に指示を出して星の中を冒険して行きましょう!

1.旅立ち

宇宙船の周りには森と道……そして、北のほうに村が見えます。

cannibalismplanet6

どうやらあの村から探索を行なえば良さそうです。どんな村なのか、早速見てみましょう!

cannibalismplanet7

どうやらこの村はとても小さいみたいで、10分くらいで村の探索は終わりそうです。

2.村を探索

では、早速村を探索に行きましょう!

cannibalismplanet8

村の探索は10分から12時間まで自由に選べます。今回は10分で探索できるほど小さい村だったので、勇者に10分の探索を指示してみます。

探索中には勇者の冒険の様子を見ることができます。

cannibalismplanet9

勇者は時々つぶやくので、探索している様子がわかることがあります。もし様子を見損ねても、探索履歴ボタンがあるのであとで見返すことができます。

cannibalismplanet10

探索履歴には、勇者が探索した様子が逐一記録されているので、探索の様子を詳しく知ることができます。

■ヒント

探索履歴の戦闘リプレイは特に重要です。パーティーメンバーが死んだ戦いや、極端にMPが減る戦いなどがあったら要注意です。その戦いの性質を見極めないと攻略できないでしょう。

3.探索結果

cannibalismplanet11

そうこう言っているうちに勇者が戻ってきましたね。勇者は指定した時間が経過したり、冒険が終わった場合に戻ってきます。その間はアプリを落として指定時間が経過するのを待っても良いのですし、「急かす」ボタンを押して勇者を急かしても構いません。

■ヒント

「プッシュ通知」をONにしていればアプリを落としておいても通知が来るので便利です。これをうまく使って勇者の探索を効率よく進めましょう!

さて、探索結果はどうなったでしょうか?

cannibalismplanet12

探索結果をみると、最後の戦闘が始まります! 最後の戦闘結果は本当にハラハラドキドキします。長い戦いの末、なんとか勇者は勝つことができました。

cannibalismplanet13

戦いに勝った場合は戦利品が貰えます。さて、受け取ってみましょう!

cannibalismplanet14

お! 何やらカードを手に入れました。

4.カードデッキ(部隊)を作ってみる

カードを手に入れたことで、下部メニューのボタンが二つ押せるようになりました。

cannibalismplanet15

今回は左から2番目のボタンを押してみましょう! ここで探索に行くパーティーを決めることができます。カードデッキ(部隊)はひとつしかないので、一番上のデッキを選択します。

cannibalismplanet16

先ほど手に入れた「カード」を部隊に組み込んでみましょう!

cannibalismplanet17

新たなカードをタップするとカードの詳細が表示されます。カードは「基本」「装備1」「装備2」のタブで別れています。

  • 基本……そのカードの能力値です。
  • 装備1……装備した結果の物理攻撃に関する能力値です。
  • 装備2……装備した結果の魔法に関する能力値です。

ここで装備なども整えられるようで、装備した結果をタブで見ることができます。

cannibalismplanet18

「選択」ボタンを押下すると、次は配置場所を選べます。前衛に配置すると交戦状態に入ります。後衛に配置すると、短い武器では攻撃できません。なので、槍などの長い武器もしくは魔法を使う場合に後衛に配置しましょう。

cannibalismplanet19

手に入れたカードは戦闘向きではなさそうなので「後衛」に配置してみました。

5.次の探索

村の探索が終わるとマップが広がってました。

cannibalismplanet21

先ほどまで「薬草の村」しか見えなかったのですが、北のほうに「古びた塔」の姿が見えるようになってました。同じ要領で探索をすすめて行きましょう!

■ヒント

薬草の村はその名のとおりで「薬草」が手に入りやすい村です。回復魔法を覚えるまではこの村で「薬草」を集めて、探索の役に立てると序盤はうまく探索できます。運にもよりますが、おおよそ3時間ほど探索させれば十分な量の「薬草」が手に入るでしょう。

6.神殿

この星では「神殿」を建てることで「祈り」が手に入ります。「神殿」を建てられる場所は限られているようですが、薬草の村は特別なようで「神殿」を建てることができます。

cannibalismplanet22

神殿を建てると3時間ごとに「祈り」が手に入ります。長期的な戦略でみると、とても有益なので「神殿」は早めに建てておきましょう。アップデートもできるみたいなので、計画的にアップデートして行きましょう。

■ヒント

「広告除去パック」を購入すると「神殿」にかかるコストが半分になります。広告が邪魔だと思っている方は早い段階にこのパックを購入しておくことをオススメします!

7.勇者死亡……

何も装備しない勇者を長時間洞窟へ旅立たせた結果……勇者が死んでしまいました。

cannibalismplanet23

もし、ほかの仲間が生きていたとしても勇者が死んでしまうと探索が続けられません。

cannibalismplanet27

しかも、手に入れたカードをすべて捨てて逃げ出してしまいます……

cannibalismplanet24

探索に失敗しても大きなペナルティは無いのですが、せっかく冒険して手に入れたお金とカードが貰えません。「祈り」を使えばお金もカードも手に入れられるので、今回は特別に「祈り」を使ってカードを手に入れてみます。

cannibalismplanet25

お! 新たな仲間を手に入れました!

cannibalismplanet26

お! これがあれば、後列からでも敵を攻撃できるようになります!

8.レベルアップ

しばらく勇者が冒険する様子を見ていたら……

cannibalismplanet28

なんと、勇者のレベルが上がりました! しかも、「スキルカード」と言う今までとは違うカードを手に入れました。

cannibalismplanet29

勇者はレベルが上がると「スキルカード」を一枚手に入れられるようです。そして、冒険を進めていくと……「棍」をたくさん手に入れました。こんなに「棍」があっても……と思ったのですが、

cannibalismplanet31

同じカードをたくさん集めるとレベルアップできるみたいです。勇者とは違って、ほかのカードのレベルアップにはお金がかかるようですが、それで武器が強くなるなら儲けものです。早速レベルアップしましょう!

cannibalismplanet30

これで冒険がまたひとつ楽になりました。しかし……「チープカード」って弱そうだなぁ。

9.転職

勇者カードを見ると「戦士」の部分がボタンになってます。ボタンがあったら押してみろと言いますし、押してみます。

cannibalismplanet34

押してみると、職業選択画面が現われました。どうやら勇者の職業と、レベルが表示されるようです。

cannibalismplanet33

職業は探索をしていないときならいつでも変えられるようです。とりあえず、回復魔法が欲しいので「僧侶」に転職してみます。

cannibalismplanet32

転職によるデメリットや能力の減少はなく、もう一度「戦士」に戻れば元どおりの能力になりました。ただ、各職業によって装備できるカードが違ったり能力ボーナスが違ったりするみたいです。「僧侶」の場合は精神力にボーナスがついて、レベルアップ時にも精神力が多めに上がりそうです。

それにしても……。

転職できる職業枠の広さから、もっと転職できる職業が増えるのかもしれませんね。「戦士」と「魔法使い」で「魔法剣士」とか、ありそうな気がしますね。

10.その後

冒険を進めていくと様々なカードが手に入ります。初めは「チープカード」ばかり集まりますが、徐々に「ノーマルカード」も手に入ります。これらのカードを組み合わせて探索を進めて行けば、もしかすると先発部隊と会えるかもしれません。

また、右から2番目の「神殿」タブが使えるようになるかもしれません。まだまだ勇者の冒険は始まったばかりです。この先に勇者がどうなるのか、よかったらあなたの手で確かめてください!

いかがでしたか? もし少しでも興味があったら「人喰い惑星」をやってみてください。よろしくお願いします。

170327_014a放置系RPG 人食い惑星 / カードコレクション
無料
バージョン: 1.0
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

 

iphonepeople_dlbtn

あわせて読みたい

Tagged with:
 

Comments are closed.