御朱印ノート

いま、静かなブームになっているのが「御朱印あつめ」。

「御朱印」とは、神社仏閣(寺社)に参拝した証として神社仏閣より授与されるもので、専用の御朱印帳に書いていただけます。ほとんどが手書きによるものであるため、ひとりひとりがオリジナルな御朱印をいただくことができます。御朱印は参拝の証であるとともに、お札として参拝者を守護するものでもあります。いわば、御朱印は神さま仏さまの分身です。

御朱印ノートで登録した御朱印画像

その「御朱印集め」をサポートするのが、iOSアプリ「御朱印ノート」です。簡単に神社仏閣を検索して、御朱印画像を登録することにより参拝記録をつけることができます。

御朱印ノート画面

神社仏閣についてGoogleやTwitterで検索できるほか、参拝予定のカレンダー登録、ジオフェンシング(神社仏閣に近づいたらアラーム鳴動)登録、Google Mapsやマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+、NaviConなどの地図ナビゲーションアプリと連携して経路検索をしたり、Google Mapsのストリートビュー表示ができるなど、参拝をサポートする機能が満載。

霊場ごとの神社仏閣数、参拝神社仏閣数、参拝達成率が把握できるので、参拝のモチベーション維持にも役立ちます。地図で開くと、参拝済とまだ参拝していない神社仏閣も一目瞭然。

御朱印ノート 霊場の地図表示と参拝達成率表示画面

このたびリリースした最新アップデート版では、iCloud Driveへの登録データのバックアップ(退避)とリストア(復元)をサポートしました。

本機能は、iOS標準機能のiOSデバイス全体をiCloudにバックアップする機能とは異なり、本アプリで登録された御朱印画像、タグのみをiCloud上のファイルストレージ「iCloud Drive」にバックアップできます。

本アプリで登録したデータのみをリストアできるので、下記のイベントなどにおいて簡単に使うことができます。

  • アプリの再インストール時
  • 機種変更時のデータ移行
  • 同一のiCloudアカウントでサインインしているiOSデバイス間でのデータ同期

iCloud Driveはアップルが提供するクラウドストレージなので、設定アプリで事前にiCloudにサインインしておけば、使用の都度サインインする必要がなく、設定アプリから容量を把握したり、アプリからデータの削除が直接操作できるなど、iOSアプリとの親和性も抜群です。

バックアップ機能は万が一の備えのほか、所有しているiOSデバイスで同じ御朱印画像を閲覧できるようになり楽しみ方も倍増です。

さらに、同一画像のコピーに対応。コピーした画像にタグを付加することにより、同一の御朱印画像に対して複数の霊場をタグとして付けられるようになりました。

今回のアップデートによる機能向上でさらに便利になりました。神さま仏さまの分身である御朱印の画像を手元にいつでも携帯して、御加護をお祈り下さい。

※本記事に記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

151126_018a御朱印ノート
shinichi tanimoto
無料
バージョン:2.0
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

あわせて読みたい

iOSアプリ「道の駅ナビ」がiCloud Driveバックアップ・復元と機種間データ同期に対応

Comments are closed.