御朱印ノート

いま、静かなブームになっているのが「御朱印あつめ」。

「御朱印」とは、神社仏閣(寺社)に参拝した証として神社仏閣より授与されるもので、専用の御朱印帳に書いていただけます。ほとんどが手書きによるものなので、ひとりひとりがオリジナルな御朱印をいただくことができます。御朱印は参拝の証であるとともに、お札として参拝者を守護するものでもあります。いわば、御朱印は神さま仏さまの分身です。

御朱印ノートで登録した御朱印画像

その「御朱印集め」をサポートするのが、iOSアプリ「御朱印ノート」です。簡単に神社仏閣を検索して、御朱印画像を登録することにより参拝記録をつけることができます。

御朱印ノート画面

神社仏閣についてGoogleやTwitterで検索できるほか、参拝予定のカレンダー登録、ジオフェンシング(神社仏閣に近づいたらアラーム鳴動)登録、Google Mapsやマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+、NaviConなどの地図ナビゲーションアプリと連携して経路検索をしたり、Google Mapsのストリートビュー表示ができるなど、参拝をサポートする機能が満載。

霊場ごとの神社仏閣数、参拝神社仏閣数、参拝達成率が把握できるので、参拝のモチベーション維持にも役立ちます。地図で開くと、参拝済とまだ参拝していない神社仏閣も一目瞭然。

御朱印ノート 霊場の地図表示と参拝達成率表示画面

このたびリリースした最新アップデート版では、下記の対応を実施しました。

1. 新たに16霊場を追加、収録霊場は合計155霊場になりました。

  • 北海道十三仏
  • 出雲国十三仏霊場
  • 北陸白寿観音霊場
  • 筑後三十三箇所観音霊場
  • 出雲三十三観音霊場
  • 北陸三十六不動
  • 鎌倉六阿弥陀
  • 三弘法詣(京の三弘法めぐり)
  • 江戸六地蔵
  • 古江六地蔵
  • 遠州三山
  • 京都西山三山
  • 湖東三山
  • 湖南三山
  • 佐嘉神社八社詣巡り
  • 古河七福神

2. 画像のアルバム保存。

寺社毎の御朱印画像をカメラを起動し自分で撮影して登録する場合、アプリの中に寺社ごとに保存するのに加えて、アルバムにも保存できるようになりました。「アプリの中のみに保存」または「アプリの中とアルバムに保存」の選択ができます。

3. 寺社名の修正に対応。

アプリに収録されていない寺社を自分で登録した場合、寺社名の修正ができるようになりました。従来どおり、寺社のよみがなのみの修正もできます(寺社詳細画面で寺社の所在地や寺社のよみがなをタップすると修正できます)。

今回のアップデートで、さらに使いやすくなりました。神さま仏さまの分身である御朱印の画像を手元にいつでも携帯して、御加護をお祈り下さい。

※本記事に記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

151126_018a御朱印ノート
shinichi tanimoto
無料
バージョン:1.9.1
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

■あわせて読みたい

Comments are closed.