「月間予定表+」は、縦方向に1ヵ月の予定(イベント)をいっぺんに表示するアプリです。iPhone の「カレンダー」アプリの情報を利用しているので、同期しているGoogleカレンダーやiCloudカレンダーもそのまま表示できます。日にちは、土日はそれぞれ青色と赤色で表わしています。「今日」は緑色の背景色にしていますが、見やすいですね。

一覧画面上では、イベントを開始時間順に最大5件表示します。操作も簡単です。「月」の切り替えは上下のスクロールで、「年」の切り替えは左右のスライド操作でできます。

ss001

また、左上の「2016年」部分をタップして、1年ぶんのカレンダーも表示できます。上下のスクロールで、「年」を変更できます。2000年から2099年まで対応しています。「2xxx年」部分をタップして、「今年」の画面に戻れます。

ss015

より詳細なスケジュールの一覧も表示可能です。イベントの色は、同期しているカレンダーの色になります。画面上部の検索領域に単語を入力して、検索もできます。検索対象は、イベントの「タイトル」「場所」「メモ」欄です。

ss002

イベントをタップすると、「タイトル」「場所」「日時」「URL」「メモ」の内容を表示します。URL はタップすると内蔵ブラウザでアクセスできます。またメモ内にリンクがある場合は、自動的に抽出して内蔵ブラウザーでアクセス可能にします。イベントの「コピー」や「編集」などもできます。便利ですね。

ss005

コピーしたイベントは、ペーストしたい日にちの余白領域をタップして張り付けられます。メニューが表示されるので、「イベントをペースト」を選びます。

ss016

さて次は、「設定」を駆使して、自分好みにカスタマイズしましょう。複数同期しているカレンダーをグループ化して効率的なイベントの管理ができます。

settings001

画面右上の「編集」をタップして、「カレンダーの作成」を選択します。

settings006

「カレンダーの名称」を入力し、グループ登録したいカレンダー名にチェックマークを付けます。

ss019

登録したカレンダーは、一ヵ月カレンダー画面の「月」(ここでは6月)部分をタップして切り替えられます。

ss020

テーマカラーとイベントの表示形式も変更できます。チェックボックス付きラベル形式は、イベントをタスク管理っぽく使えます。完了したイベントにチェックマークを付けられます。

settings002
merge002

検索期間の指定もできます。デフォルトは、前後3ヵ月間になっています。

settings003

今日のイベント件数をアプリのアイコンにバッジで表示もできます。バッジのカウントには、誕生日イベントは含まれません。チェックボックス付きラベルの場合は、チェック済みのイベントもカウントされません。「連絡先」参照を有効にすると、誕生日イベントのタップで、連絡先アプリに登録されているユーザの情報が表示されます。これで、すぐに誕生日おめでとうコールができますね。

settings004

日本語環境では、カレンダー上に六曜や二十四節気および祝日の併記も可能です。冠婚葬祭のイベント登録時に役立ちますね。デフォルトは、すべてオフです。

settings005

新しくなった縦型カレンダーアプリ「月間予定表+」をぜひ、活用して下さい。

160516_010a月間予定表+ 〜 一ヶ月の予定が見やすい縦型カレンダー 〜
Kouichi Abe
無料
バージョン: 1.0
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

■あわせて読みたい

Tagged with:
 

Comments are closed.