懐かしい感じがするRPGゲーム。それが「偽りの物語」です。

まずは、その懐かしさをみてください。

battle3

どこかで見たような、懐かしいゲームです。ところが、このゲーム見た目とは裏腹にかなり玄人好みのゲームになってます。

簡単にゲームの紹介をします。

1)お金の管理がシビア

優しいRPGは洞窟に潜ったりその辺のモンスターと戦えば、お金が溜まり経験値が上がりレベルアップします。しかし「偽りの物語」は敵を倒してもお金は滅多に入りません。それどころか、武器が傷つくため修理代がかかり赤字になります。

冒険をするときは敵から逃げつつ、洞窟の宝箱を物色するなどの工夫をしないとたちまち赤字になってしまいます。

item_get

レアものをゲットしてもお金が無ければ、泣く泣く売るしかありません。回復アイテム代もバカになりません。気をつけましょう!

2)洞窟に入るたびに変わる宝箱

宝箱は洞窟に入るたびに変わります。なので、良いアイテムを手に入れるためには洞窟内をくまなく探す必要があります。宝箱を開ける瞬間のドキドキ感はたまりません! お目当だったもの以上の武器防具が見つかることも!?

3)上げる能力は自分で決める

レベルが上がると好きな能力を上げられますが、このときに誤った能力を育てると後々つらくなっていきます。ここで、能力の説明を簡単に紹介します。

■素早さ

このゲームでは素早いと、1ターンの間に複数回攻撃ができます。素早さを上げると戦闘を優位に進めていけます。しかし、素早さだけあげても武器が弱いと敵にダメージを与えれません。強い武器を装備できるようにするためにも「力」と一緒に上げましょう。

■力

装備できる武器に影響します。高すぎても低すぎてもいいことがありません。装備したい武器にターゲットを絞って、適切なポイントまであげましょう! 力が足りないで武器を装備すると行動できないときがありますよ。

■体力

実は序盤ではかなり重要なのではないかと思ってるもののひとつです。体力を上げるとHPの上昇値が上がるので、早い段階で体力を上げておくとHPの高いキャラクターができます。体力は鎧や盾を装備するためにも使うので一度で二度おいしい能力ですね。

■精神力

体力と同様でMPに強く影響します。体力同様で序盤に上げておくと良い能力です。また、回復魔法にも影響するのでこの能力も一度で二度おいしい能力です!

■魔力

魔法使いはこの魔力が高く無いとまるで役に立ちません。精神力と魔力に迷ったら魔力を増やしましょう! また、第2部で登場する「魔法剣士」もこの能力が重要になります。終盤まで大切にこの能力を育てると超強力な魔法を使えること間違いなし!

■詠唱速度

魔法には詠唱時間があります。その詠唱時間よりも高い詠唱速度を持っていなければ魔法を唱えることができません。また、詠唱速度が足りないとそもそも魔法を覚えれないので適度に上げましょう。僧侶にも必要ですが、魔法使いの方が詠唱時間が長い魔法が多いです。

どの能力を上げるかで冒険は大きく変わります。戦士が体力中心に上げてしまうと火力不足の戦士になってしまいます。クリティカルが出やすい盗賊は素早さを中心に上げるというのもひとつの手です。

自分の進め方に合わせてキャラクターを育ててみませんか? 意外な組み合わせが見つかるかもしれません。

4)転職システム

第3部まで進むといよいよ転職ができるようになります。しかし「偽りの物語」は他のゲームのように甘くはありません。今まで成長したのも自分で、転職したからといって無しにはなりません。転職しても能力は変わりません。なので、戦士が魔法使い転職するというのはかなり厳しい選択になります。また、転職したからといってレベルが1になったり上がりやすくなったりすることはありません。

序盤でどのように育てたかというのが終盤まで関係してくるのです。ただし、第3部では新たに仲間を作れるので今までの仲間とは決別して新たな仲間を1から育てるのも良いでしょう。

いくつもの職業を経験すると上級職が……

5)片手で操作できるように工夫

「偽りの物語」は上部にステータスを持ってきて、下部にメニューを持ってきているため片手で操作できます。また、マップ画面はどこをタップしてもバーチャルコントローラーが表示されるのでらくらく操作ができます!

field3

短く説明……と書きつつ結構長くなってしまいましたがいかがだったでしょうか? よければ「偽りの物語」を楽しんでみてください!

160408_001aRPG 偽りの物語
TownSoft
240円
バージョン: 1.1
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

あわせて読みたい

どうしようもない勇者を倒せ!フリック型シューティング「進撃の魔城」

Tagged with:
 

Comments are closed.