御朱印ノート

いま、静かなブームになっているのが「御朱印あつめ」。

「御朱印」とは、神社仏閣(寺社)に参拝した証として神社仏閣より授与されるもので、専用の御朱印帳に書いていただけます。ほとんどが手書きによるものなので、ひとりひとりがオリジナルな御朱印をいただくことができます。御朱印は参拝の証であるとともに、お札として参拝者を守護するものでもあります。いわば、御朱印は神さま仏さまの分身です。

御朱印ノートで登録した御朱印画像

その「御朱印集め」をサポートするのが、iOSアプリ「御朱印ノート」です。簡単に神社仏閣を検索して、御朱印画像を登録することにより参拝記録をつけることができます。

御朱印ノート画面

神社仏閣についてGoogleやTwitterで検索できるほか、参拝予定のカレンダー登録、ジオフェンシング(神社仏閣に近づいたらアラーム鳴動)登録、Google Mapsやマップ、Yahoo!カーナビ、MapFan+、NaviConなどの地図ナビゲーションアプリと連携して経路検索をしたり、Google Mapsのストリートビュー表示ができるなど、参拝をサポートする機能が満載。

霊場ごとの神社仏閣数、参拝神社仏閣数、参拝達成率が把握できるので、参拝のモチベーション維持にも役立ちます。地図で開くと、参拝済とまだ参拝していない神社仏閣も一目瞭然。

御朱印ノート 霊場の地図表示と参拝達成率表示画面

このたびリリースした最新アップデート版では、とうらぶ(ブラウザゲーム「刀剣乱舞」)ファンに大人気の「京都刀剣御朱印めぐり」に対応しました!

昨年より始まり、開催第二回目の京都刀剣御朱印めぐりは、平成28年5月31日まで実施中です。クリアファイル付きの特製の御朱印帳に期間限定の御朱印がいただけます。

御朱印ノート 京都刀剣御朱印めぐり

もうひとつ、「京都十六社朱印めぐり」にも対応。こちらは年始めに古都の町中に点在する十六の古社を訪ねる御朱印めぐりです。元旦より2月15日まで開催されています。

専用の御朱印帳があり、京都の古社十六社を年頭に巡拝して各社より御朱印を授かり、十六社すべての神社を参拝することで、一年間あらゆるご利益が得られるとされる、ありがたい御朱印めぐりです。十六の神社は京都市の四方に点在しているため、各神社を巡拝すると京都市内を隅々まで歩くことにもなり、京都探訪にもなります。いつもとはひとあじ違う京都を楽しみたい人にもおすすめです

御朱印ノート 京都十六社朱印めぐり

京都市内ではこのほかにも、

  • 京都国立博物館:京都の古社寺に伝来した、骨喰藤四郎や義元左文字、坂本龍馬の愛刀など、名物刀剣の全てを一挙公開する「特集陳列 刀剣を楽しむ─名物刀を中心に」を開催。
  • 北野天満宮:特別公開の「学問の神・驚きの宝刀展」として、北野天満宮に奉納された鬼切丸(髭切)などの宝刀を公開。
  • 京都市内の観光施設がコラボ:スタンプを集めると、刀剣乱舞の缶バッジが貰える「刀剣乱舞 京の軌跡スタンプラリー」を開催。そのほかにもコラボフード・ドリンクの提供やヘッドマーク付き電車の運行、等身大パネルの設置を実施。

など、刀剣女子にとっては垂涎のイベントが目白押しです。ぜひ、京都で御朱印めぐりを楽しんで下さい!

今回のアップデートで、アプリに収録する霊場が合計122霊場となり、さらに便利になりました。神さま仏さまの分身である御朱印の画像を手元にいつでも携帯して、御加護をお祈り下さい。

※本記事に記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

151126_018a御朱印ノート
shinichi tanimoto
無料
バージョン:1.8.1
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

■あわせて読みたい

Comments are closed.