iPhoneの警告画面を面白可笑しく作るアプリ「アラートショット」をアップデートしました。今までのバージョンでは、作成できる画面は「アラート」と「アクションシート」の2つでした。

■ アラート

アラート画面

■ アクションシート

アクションシート

今回のアップデートで、まず、画面を変更しました。

als1

そして、この画像にもある追加画面「プログレスバー」と「インディケーター」を追加しました!

■ プログレスバー

プログレスバー

■インディケーター

インディケーター

さらに、奇っ怪なスクリーンショットを作れるようになったのです! どんどん作って投稿してみましょう。笑いをかっさらうスクリーンショットをぜひ、作ってみてください。

そして、今回のアップデート申請で注意点が発覚しました。これは、Appleの審査員も間違えて、見事に審査に落ちました。その注意点は、各項目に文字を入力したあと、必ずキーボードの「完了」ボタンを押す必要があることです。

注意点

これを飛ばした審査員は、背景画像の設定画面に行けず、見事に落としてくれました。ご注意ください。1項目でも未入力があると、完了ボタンを押しても背景画像の設定画面には行けません。

みなさんの笑えるスクリーンショットをお待ちしています(どこでやねん!ちゃんちゃん)。

160122_002aアラートショット – ジョーク警告画面つくっちゃおう!
Takahiro Ishihara
無料
バージョン: 1.2.1
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

あわせて読みたい

Tagged with:
 

Comments are closed.