文●山口ひろ美 (アスキーストア

 iPhone6sがなかなか手に入らず、ようやく買えそうという方もいることでしょう。買って日が浅い端末を落として傷付けないよう、普段から落下事故の多い方は耐衝撃ケースを用意しておくといいですよ。毎日とはいいませんが、子どもがスマホをいじったり、アウトドアやレジャーに出掛けたりする時だけ付けるというのも手です。

 iPhone6sはiPhone6とサイズが小数点以下でしか違わないので、非常に厳密な作りのケース以外は使えます。6sに対応している耐衝撃ケース(片方は6s Plusにも)2種類を実際に試してみました。

*     *     *

 耐衝撃ケースは黒やカーキなどが多いですが、『OtterBox My Symmetry for iPhone 6』はカラフルな5色のカラバリが魅力。付属のインサートシートや自作のシートを使って着せ替えが楽しめます。シートを入れなければ背面は透明なので、iPhoneの本体カラーを生かせます。

005

カラバリはピンク、レッド、ブルー、ブラック、グレーの5色

 ローズゴールドの方は、しばらくは色を見せびらかしたいですよね? 背面が透明なのはうれしいです。

007

 防水ケースではなく耐衝撃ケースなので、背面だけを覆う形。画面は直接タッチできます。

006

 ケース周囲のバンパー部分が画面より高くなっているため、画面を下にして置いても傷が付きません。

008

 本体カラーを見ていたい間は透明で、変化を付けたくなったらインサートシートを使って模様を楽しんでください。

【iPhone 6s対応】クリアな背面デザインに着せ替えも楽しめる耐衝撃保護ケース OtterBox My Symmetry for iPhone 6をアスキーストアで購入
アスキーストアで購入

*     *     *

 耐衝撃だけでなく防水・防塵機能も欲しい方には『Touch ID対応の防水/防塵/防雪/耐衝撃ケース WATER PROOF CASE』。タフネスケースは高価なものが多いなか、iPhone6用で3780円、iPhone6 Plus用で4212円とかなり手ごろ価格です。

001

上記のブラック以外に、ピンク、ホワイトのカラバリがあります

 iPhoneを上下のパーツに挟んで密閉する仕組み。上記写真はローズゴールドのiPhone6sをブラックのケースに入れていますが、端末のカラーは表側からは見えません。背面側をぐるっと1周しているオレンジのものはパッキンです。

002

 背面はこのようになっています。穴が空いているように見えますが、すべてふさがっていますのでご安心を。

003

 充電時は、Lightning端子が露出できるようになっています。この部分のフタはかなり固めに閉まっているので安心。端子は結構奥深くにあるため、Apple純正Lightningケーブル同様の細さでないと挿さりません。

004

 こちらのケースならお風呂など水に濡れる場所でも使えるだけでなく、土や泥で汚れても安心です。iPhone 6s Plus用もあります。

【iPhone 6s対応】Touch ID対応の防水/防塵/防雪/耐衝撃ケース WATER PROOF CASE for iPhone 6をアスキーストアで購入
アスキーストアで購入

【iPhone 6s Plus対応】Touch ID対応の防水/防塵/防雪/耐衝撃ケース WATER PROOF CASE for iPhone 6 Plusをアスキーストアで購入
アスキーストアで購入


というわけで、iPhone6s/6s Plusを乱雑に扱ってもOKな耐衝撃ケースをご紹介しました。ほかにもアスキーストアでは、iPhone 6s/6s Plusに対応したアイテム、一緒に使いたい周辺機器を多数販売中です。iPhone ユーザーの方は今すぐチェックしてみてください!

 

Comments are closed.