(文●サトウ

150120satom_r010

 iPhoneやiPadに標準でインストールしてある「リマインダー」。タスクやリスト管理として活用できる便利な機能です。今回は、このリマインダーの基本的な使い方について紹介します。

リマインダー機能をオンにする

150120satom_r001

 まず、本機能を利用できるようにします。端末の設定から「iCloud」を選択し、「リマインダー」のスイッチを切り替えてオンにすればOK。

 

新規リストおよび項目を登録する方法

150120satom_r004

 新規リストを追加するには、リマインダーのトップ画面上部にある「新規リスト」のエリアをタップして登録画面を開きます。

150120satom_r003

 そして、リスト名とカラーをそれぞれ設定し、画面右上の「完了」ボタンをタップすれば登録完了です。

150120satom_r005

 項目(タスク)の追加は、登録したリストをタップして開き、ひとつずつ入力していきます。

 

指定時刻に通知する方法

 タスクの入力画面で、項目の右にあるiマークをタップします。

150120satom_r006

 そして、「指定日時で通知」のスイッチを切り替えてオンにすると、「アラーム」と「繰り返し」項目が表示されるので、希望する日時を指定します。

 

指定場所で通知する方法

 先ほどの画面で「指定場所で通知」のスイッチをオンに切り替えてから、「場所」をタップして設定します。

150120satom_r007

 画面上部にある検索窓から場所を指定するとピンが立ち、それを中心に円が水色で囲まれます。ここで「到着時…」が選択してある場合、円の内側に入ったときに通知され、「出発時…」が選択されている場合、円の外側に出たときに通知されます。なお、黒い点をタップしたまま動かすことで円の大きさを変えることができます。

 

参加者を指定する方法

 参加者を指定して、登録した内容をほかの人と共有することができます。

150120satom_r008

 リストを開き、右上にある「編集」をタップすると、リスト名の下に「カラー」と「共有」が表示されるので、「共有」を選択します。

150120satom_r009

 そして「参加者を追加…」をタップし、共有する相手を指定します。

 リマインダーアプリでは時刻指定はもちろんのこと、場所を指定した通知方法も便利な機能なのでぜひ試してみてください。

141119_Technic

Tagged with:
 

Comments are closed.