(文●サトウ

150119satom_pass001

 iPhoneユーザーなら、端末にパスコードでロックをかけている人も多いと思います。セキュリティを高めるためにも、ぜひパスコードの利用をお勧めしますが、ド忘れしたり、ミスタッチしたりで、なかなか解除できずに焦った経験はないでしょうか。もし、そのまま何度も間違え続けたらどうなるのでしょうか?

 ということで今回は、パスコードについて紹介します。ちなみに、iPhone5s以降ではTouch ID(指紋認証)でロックを解除することもできますが、一度、端末を再起動するとパスコードの入力が必要になるので、今回紹介する内容は覚えておくといいかもしれません。

パスコードを連続して間違えるとどうなる?

150119satom_pass002

 パスコードを6回連続して間違えると、1分間、端末が使用できなくなります。

150119satom_pass003

 1分後、さらにもう一度間違えると、今度は5分間、端末が使用できなくなります。

 というように、パスコードの入力を連続して間違え続けると、端末を使用できない時間がどんどん増えていき、最終的に11回連続して間違えると、完全に操作できない状態になります。再度使用するためには、端末を初期化しiTunesから復元する必要があるので、くれぐれもパスコードは忘れないように注意しましょう。

 

10回目の間違いでデータを消去する方法

 先ほどは11回目の間違いで端末が使用できなくなる仕組みでしたが、10回目の間違いで端末のデータを強制的に消去することも可能です。これを利用することで、盗難時の情報流出を防ぐことができます。

150119satom_pass004

 まず、設定から「Touch IDとパスコード」を選択し、そのあとの画面でパスコードを入力して進みます。

150119satom_pass005

 そして「データを消去」のスイッチをオンに切り替えると設定完了です。パスコードは端末内にあるデータの流出を防ぐことができる反面、入力間違いによる端末の使用ロックもできるため、使う前に確認しておくことをお勧めします。

141119_Technic

Tagged with:
 

Comments are closed.