(文●サトウ

150115satom_map009

 iPhoneやiPadで使うことができる標準地図アプリ「マップ」。普段から「Google Maps」を愛用している人も多いと思いますが、今回はマップで使うことができる「ルート案内」(経路検索)について紹介します。

「ルート案内」の使い方

150115satom_map001

 まず、マップを立ち上げたら画面上部にある入力欄に目的地を入れ、検索します。すると該当する場所にピンが立つので、それをタップします。

150115satom_map002

 ピンをタップすると検索した地名がポップ表示されるので、そこをさらにタップします。

150115satom_map003

 そして「ここへの道順」をタップします。

150115satom_map004

 次に、画面右上にある「経路」をタップします。

150115satom_map005

 すると、出発地点から目的地までのルートが表示され、かかる時間や距離がわかります。あとは画面下にある「出発」をタップすればルート案内が開始されます。

150115satom_map006

 ルート案内時、表示モードを3Dに切り替えたり全体表示にしたりできます。なお、右下にあるスピーカーボタンからルート案内に音声を加えることも可能です。

150115satom_map007

 このように音声は、「音声なし」から「大音量」まで切り替えられます。また、音声ルート案内を活用することで“歩きスマホ”をしている時間が減り、安全に目的地まで行けるようになります。その際は、イヤホンを併せて使うとまわりに音声が聞こえないのでお勧めです。加えてiPhoneに付属している純正のイヤホンなら、装着したままによるハンズフリー通話もできます。

150115satom_map008

 さらに、ルート案内方法の選択画面で「App」を選ぶと、マップ以外のとほかの地図アプリで検索することもできるので、使い慣れたアプリに切り替えるといったこともできます。たとえば、マップだと電車を考慮したルート案内ができないため、Google MapsやYahoo!地図に切り替えて調べ直すことも簡単です。ぜひ試してみてください。

141119_Technic

 

Tagged with:
 

Comments are closed.