(文●サトウ

 もうすぐ年度の変わり目とあって、卒業旅行や歓送迎会など、iPhoneで撮影する機会も増えるのではないでしょうか。そんなときに、少々うまく取れなくても大丈夫です。iOS8より、サードパーティー製アプリを使わなくても簡単に写真を加工できるようになったのはご存知でしたでしょうか。iOS8の標準アプリ「写真」から手軽に行なうことができます。

150106satom_light007

 たとえば、暗く撮れてしまった写真を簡単に明るくする方法を紹介します。そのほかの機能も最後に紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

150106satom_light001

 まず、明るくしたい写真を「写真」アプリから選択し、画面右上にある「編集」ボタンをタップします。

150106satom_light002

 次に、画面下からダイヤルマークを選択します。

150106satom_light003

 そして「ライト」項目の右にあるボタンをタップします。

150106satom_light004

 続いて、「ライト」に関連する項目の中から「明るさ」を選択します。

150106satom_light005

 すると、明るさ調整のメモリが画面下に出てくるので、左へスライドして明るくします。調整が終わったら、右下にあるチェックマークをタップするとカメラロールに保存されて完了となります。

150106satom_light006

 ちなみに、加工した写真をあとで元に戻すことができ、その場合は、写真を表示したあとに画面右上の「編集」ボタンをタップしてから右下の「元に戻す」ボタンをタップすればOK。

150107satom_pic001

 そのほかの機能としては、右上にある魔法の杖のアイコンをタップすると、自動補正できれいな写真に加工してくれます。細かい作業が苦手な人にお勧めです。

150107satom_pic002

 また、一番左のトリミングアイコンでは、写真を切り取ったり回転させたりすることができます。目盛りに沿ってスワイプすると回転し、写真上を指でピンチイン/アウトして大きさを調整します。

150107satom_pic005

 そして右にあるマークから、縦横比を固定したまま簡単にリサイズすることも可能です。

150107satom_pic003

 サイズはこの中から選択できます。

150107satom_pic004

 さらに、左からの2つ目にはインスタグラムのようなお洒落なフィルター機能があります。なお、作業中に画面をタップし続けると加工前のオリジナル画像と切り替えることができ、違いを見比べながら加工できるのでぜひ試してみてください。

141119_Technic

Tagged with:
 

Comments are closed.