(文●サトウ

150106satom_pic006

 iPhoneのカメラで手軽にどこででも写真を撮るようになり、出かけた先はもちろん、自宅や友人宅でも思い出として写真を撮るといった人も多いと思います。

 そこで気をつけたいのが「位置情報」。端末の設定でオンになっていることに気が付かずに、そのままTwitterやFacebookなどに投稿してしまうと、写真に付与してある位置情報から不特定多数の人が投稿者の居場所を知ることができてしまいます。

150106satom_pic001

 iPhoneのカメラロールから写真に位置情報が付与されているのか調べられるので、気になる人はチェックしておきましょう。

写真に位置情報を付与しない方法

 はじめから写真に位置情報を付与しない設定にしておくことで、余計な不安やトラブルを未然に防ぐことができます。

150106satom_pic002

 端末の「設定」から「プライバシー」へと進みます。

150106satom_pic003

 次に、画面の一番上にある「位置情報サービス」をタップします。

150106satom_pic004

 そして「位置情報サービス」の右にあるスイッチをスライドしてオフに切り替えればOK。ただし、この場合、端末におけるすべての位置情報機能が一括でオフになるので、「Google Maps」や標準の「マップ」アプリ、「Yahoo!地図」アプリといったサービスも使えなくなるので注意が必要です。

アプリごとに位置情報サービスを切り替える

150106satom_pic007

 先ほどの画面下に位置情報サービスを利用できるアプリの一覧が表示されているので、ここから個別に切り替えることも可能です。

150106satom_pic005

 切り替えたいアプリを選択し「許可しない」をタップ。すると、そのアプリでのみ位置情報機能がオフになります。位置情報を利用しなくても不便なく使えるアプリは、念のためオフにしておくと安心かもしれません。

 当たり前のことですが、位置情報は写真の管理にも使われているので、オフにすると「写真」→「年別」→位置情報で表示されるマップに、どこで撮影したのかも出ません。

150106satom_pic008

 これから卒表旅行シーズンですが、いつどこで撮影したかは残しておきたいもの。撮影する目的に合わせて、チェックしてみてはいかがでしょうか。

141119_Technic

Tagged with:
 

Comments are closed.