みなさん、こんにちは。 アプリマーケティング研究所、iPhonePLUS出張所です。今回は年末ということで「年賀状アプリ」のランキング推移などについて調べてみました。
※あくまで検索順位とランキングをベースに調べています

 まず「年賀状」で検索すると、検索順位は以下のようになっています。

▼「年賀状」で検索したときのApp Store内順位

1位:おしゃれ年賀(iTunesリンク)
2位:スマホで写真年賀状2015(iTunesリンク)
3位:PicCollage(iTunesリンク)

■「年賀状アプリ」がダウンロードされるのは、11月の中旬以降

 1位と2位のアプリを見ると、11月の中旬頃から、ランキングがじわじわと上昇(ほぼダウンロード増と同意)しています。「年賀状」というキーワードは、Google検索やソーシャルメディアでの言及数でみると、12月20日くらいから駆け込み需要的に伸びていくのですが、アプリのほうが早く動き始める傾向にあるようです。

1位:「おしゃれ年賀」のランキング推移(データ:App Annie)

おしゃれ年賀_-_iOS_Store_Rank_History___App_Annie

2位:「スマホで写真年賀状2015」のランキング推移(データ:App Annie)

スマホで写真年賀状_2015_-_おしゃれな年賀状を楽しく簡単に作成できる年賀状デザインキット_-_-_iOS_Store_Rank_History___App_Annie

 ■キーワード検索上位でも、ダウンロードが伸びないアプリ

 ひとつおもしろい点としては、3位の「PicCollage」のランキングを見ると、ほぼ変化がありません。つまり「年賀状」というキーワードで上位にランクインしているにも関わらず、アプリがダウンロードされていないということです。

 これは理由としては、「PicCollage」はコラージュアプリなので、年賀状を作れないことはないのですが、アプリ名やアイコン、スクリーンショットなどで「年賀状つくるアプリじゃない」とユーザーに判断されているということでしょう。ということは、キーワード対策などをするときには、キーワードとアプリ名がリンクしていないと、ダウンロードまでつながらないということになると思われます。当たり前ではありますね。

 3位の「PicCollage」のランキング推移

Pic_Collage_-_holiday_photo_and_video_editor_in_a_snap__Happy_Christmas__Hanukkah__and_New_Year_to_family_and_friends__-_iOS_Store_Rank_History___App_Annie

 ■アイコンのデザイン工夫がみられるアプリも

  以下に、4本の年賀状アプリのアイコンを集めてみました。「来年の年賀状のアプリだよ」ということがわかるように、「2015」や「羊の文字やマーク」を入れているアプリが多かったです。

  カレンダーアプリなども、毎年アイコンの年数を変えてみるとか、アイコンデザインが並んだときに、目を引くような工夫をするといいのかもしれません。

nengajyou_icon

右上:スマホで写真年賀状 2015(iTunesリンク)
右下:年賀状デザイン2015(iTunesリンク)
左上:おしゃれ年賀(iTunesリンク)
左下:写真年賀状 -カメラのキタムラ-(iTunesリンク)

141119_app_bnr2

 

Comments are closed.