(文●サトウ

 今回は、iPhoneのメールアプリでのメール作成時に「Bcc」「Cc」を指定する方法を紹介します。

IMG_1776_122214_091410_PM

「Cc」とは

 カーボン・コピーの略です。

例)To:同僚A Cc:上司B

⇒同僚Aと上司Bに同じメールが送信され、自分以外の誰にメールが送られたのかをお互いが知ることができます。主に複数人に送信する際に使用します。

「Bcc」とは

 ブラインド・カーボン・コピーの略です。

例)Bcc:顧客C Bcc:上司D

⇒顧客Cと上司Dに同じメールが送信されますが、自分以外の誰にメールが送られたのかをお互いに知ることはできません。複数の取引先に同じ内容のメールを一斉送信するといったときに便利です。

iPhoneのメールアプリで「Bcc」「Cc」を指定する方法

141222satom_mail001

 まずメールアプリを起動し、メールを作成するアカウント画面を開いたら右下にある作成ボタンをタップします。

141222satom_mail002

 次に、メール作成画面で「Cc/Bcc,差出人」をタップします。

141222satom_mail003

 すると、「Cc」「Bcc」それぞれに宛先を指定できるように入力エリアが表示されるので、あとは宛先を指定すればOK。

 BccとCcを間違えて使うと相手に迷惑がかかることがあり、社会人として恥ずかしいことになるので、しっかりチェックしておきましょう。複数の相手に送るときは特に注意。どこの誰に送ったのか丸見えになります。「間違えました」というお詫びがまた「Cc」だった、というような多重事故もあるようです。

141119_Technic

Tagged with:
 

Comments are closed.