(文●サトウ

 だいたいの場所は覚えているけど、詳しい住所がわからなくて困った経験はないでしょうか。今回は、iPhoneで「マップ」アプリや「Google Maps」アプリから簡単に住所を取得する方法を紹介します。

Google Mapsから住所を取得する方法

141218satom_maps001

 Google Mapsを立ち上げたら、取得したい住所の場所を表示して画面を長押しします。するとその場所にピンがドロップされるので、画面下に表示されるタイトルをタップします。

141218satom_maps002

 詳細画面が立ち上がり、ピンをドロップした地点の住所を見ることができます。紙に書き写す場合はここまでとなりますが、今回はさらに「共有」をタップして進みます。

141218satom_maps003

 そして「クリップボードにコピー」をタップします。これで住所の取得は完了となり、メールやカレンダー、メモなどに住所を貼り付けられるようになります。

141218satom_maps004

 続いて、先ほど取得した住所をメモアプリに貼り付けてみましょう。貼り付けたあとに画面右上の「完了」をタップすると、住所とURLがリンクされます。ちなみに住所をタップするとマップアプリが、URLをタップするとブラウザーのGoogle Mapsがそれぞれ起動します。

 

■「マップ」アプリから住所を取得する方法

141218satom_maps005

 Google Mapsの際と同様に、まず画面を長押ししてピンをドロップし、ポップアップ表示されたタイトルをタップします。

141218satom_maps006

 すると詳細画面が立ち上がるので、「住所」のエリアを長押しし「コピー」ボタンを表示させてタップすると取得完了です。

141218satom_maps007

  「マップ」アプリから住所を取得した場合、「メモ」アプリに貼り付けた際のリンク先はマップアプリのみとなります。

141119_Technic

 

Tagged with:
 

Comments are closed.