(文●サトウ

 日本でもFacebookの認知度は高く、企業のほかに個人でも利用している人は多いと思います。ただし、投稿する際に公開範囲をよく理解しないまま使っていると、内容を知られたくない人まで閲覧できてしまうので注意が必要です。

 そこで今回は、投稿する際の公開範囲として、特定の人だけ除外する方法を紹介します。

特定の人だけ除外して投稿する方法

 「公開」「友達」「親しい友達」「自分のみ」など、公開する範囲を選択するやり方はすでに知っていて使い分けている人もいるかと思いますが、逆に見せたくない人だけを選んで投稿するほうが効率がいいときもあります。たとえば、会社の上司とやケンカ中の友達、家族とか。Facebookで繋がったものの、恥ずかしくて見られたくないときなどに役立つ機能です。

141216satom_facebook001

 やり方は簡単です。まずFacebookアプリを立ち上げたら、いつも投稿するように画面上部にある「近況」ボタンをタップして投稿画面(近況アップデート)を表示します。そして「宛先」の入力エリアをタップします。

141216satom_facebook002

 次に、公開範囲として「友達-次を除く」を選択します。

141216satom_facebook003

 すると、現在繋がっている友達が一覧表示されるので、除外する人を選択(複数人可)して画面右上の「完了」をタップします。さらに共有範囲の画面右上の「完了」をタップすると設定完了です。あとは、投稿する内容を書き込んで「投稿する」ボタンをタップすれば、除外した人以外が見られる内容として投稿(共有)されます。

 公開範囲をきちんと理解してFacebookをうまく使いこなしましょう。

141119_Technic

Tagged with:
 

Comments are closed.