(文●サトウ

141215satom_3d_map01

 iOS8標準の「マップ」アプリでは画面下部のバーにあった「3D」ボタンが消え、iOS7のようにワンタップでの3Dマップへの切り替えが難しくなりました。ちなみに消えた「3D」ボタンは、画面右下の「i」ボタンをタップすると表示される「3Dマップを表示」に変更されたため、3Dマップへの切り替えにはひと手間が必要です。

 そこで今回は、簡単に切り替える方法を紹介します。

2Dマップから3Dマップに素早く切り替える方法

141215satom_3d_map02

 マップを立ち上げたら2本の指を画面に当て、そのまま上に向かってスワイプするだけ。ある程度、地図を拡大した状態で行なうとスムーズに3Dマップに切り替えることができます。

3Dマップを2Dマップに戻す方法

141215satom_3d_map03

 2Dマップに戻すには、先ほどやったことの逆をすればOK。画面に2本指を当てたまま下に向かってスワイプします。3Dマップでは2本指の左右回転でマップも回転するため、戻す際は真下にスワイプしましょう。特別な設定は必要なく、簡単に行なえるのでぜひ試してみてください。

141119_Technic

Tagged with:
 

Comments are closed.