(文●サトウ

141212satom_safari001

 iOS8より利用できるようになった新機能のひとつ「App Extension」。これは、Safariを立ち上げたときに使えるアプリ間の連携を強化するための機能で、対応したアプリをインストールしていればすぐに使うことができます。たとえば、今Safariで開いているWebページをEvernoteに保存してメモするといった操作が簡単になります。

 そこで今回は、「App Extension」に対応したアプリのオン/オフ切り替えや、上記画像にあるアプリの並び替え方法を紹介します。必要なアプリのみを表示させて整理しておきましょう。

141212satom_safari007

 まず、Safariで好きなWebページを開き、画面下にある「共有」ボタンをタップします。

141212satom_safari002

 次に、並んでいるアプリのアイコンを画面左へ向かってスワイプし、「その他」をタップします(「その他は一番右にあります」)。

141212satom_safari003

 すると、「App Extension」に対応したアプリが一覧表示され、ここからオン/オフ切り替えや並び替えを行なうことができます。並び替えについては、各アプリの右にある三本線ボタンを長押ししたまま上下にスライドすることで可能になります。上にあるほど優先順位が高くなる仕組みです。

141212satom_safari004

 このように自由にカスタマイズできるので、使わないアプリがあればオフにしておきましょう。

141212satom_safari005

 上記画像はEvernoteと連携したときの様子で、簡単にWebページを保存することができます。このほかメールやメッセージを使って友達に教えたり、Twitter、Facebookで共有したりできるなど、「App Extension」を活用すればアプリ間の連携が簡単になります。ぜひ一度試してみてください。

141119_Technic

Tagged with:
 

Comments are closed.