みなさん、こんにちは。 アプリマーケティング研究所、iPhonePLUS出張所です。本日はオーストラリア発のアプリ「クロッシーロード」(iTunesリンク)をピックアップして紹介します。

■「クロッシーロード」ってどんなアプリ?

 ワンタップ操作で道路をわたっていくゲームです、ステージ制ではなくてスコアを更新していくタイプのゲーム。日本や海外のTwitterやレビューサイトを見ていると、「Flappy Bird」や「フロッガー」に似ているという声も多い。シンプルながらも「できそうだけど、うまくいかない」というところは、確かにFlappy Birdに似ている感じがします。

crossyroad01

■リリース初週で世界100万ダウンロードを達成。

 現在はiOSのみですが、なんとリリース初週で世界100万ダウンロードを達成しているそうです。アメリカやオーストラリアなど欧米中心にトップ10入り。開発者らしきTwitterアカウントを発見したところ、オーストラリアのゲーム開発者さんでした。

 どうやらAndroid版のリリースも準備中だとか。

■ビジネスモデルは?

 動画を視聴するとコインがもらえる動画リワード広告とアプリ内課金のみ。Appleにフィーチャーされるためにはあまり広告を多用しないほうがいいのかも。ゲームを何度もプレイして、ステージに落ちているコインを100コイン集めると、ガチャを回してキャラを増やすことができる。100円を課金することでもガチャを引くことができる。

crossyroad03

 単調なゲームなのですが、プレーヤーキャラクターをたくさん用意することで、キャラコレクションに紐づけた課金モデルになっている。キャラクターが変わると、鳴き声やゲームオーバー時のリアクションなどが変わって楽しいので、長く遊んでもらう仕掛けとしても機能していると感じます。

■スコアのシェア機能にも工夫。

 スコアはTwitterなどでシェアできるのですが、ゲームオーバー時の画像と一緒に「最新スコア」と「過去最高スコア」が同時にツイートされる仕組みになっているのも一工夫されている(通常は「最新スコア」だけツイートされるというゲームが多い)。

■日本でダウンロードが増えたのは?

 日本でダウンロードが増えたのはApp Storeの「ピックアップ」が起点になって、Twitterでのクチコミで広がりつつ、ランキングが上昇しているよう。11月21日にAppBankさんのYoutube動画(6万回以上、再生されている)で取り上げられたのも後押ししているはず。

crossyloadranking

※ランキングデータby App Annie

 この手のゲームの特徴は「短時間で終わる」「リアクションが取りやすい」というところで、Youtuberに取り上げられやすいのかもしれません。

crossyroad02

 以上ですが、日本語と韓国語については別途翻訳(ローカライズ)していたり、Twitterでいろんな国の人とコミュニケーションとってたりと面白い動きもされています。

 かなり細かいところもよく出来ているゲームだと感じますので、ぜひプレイして見てもらえたらと思います。

crossyroadiconクロッシーロード
HIPSTER WHALE
無料
バージョン: 1.0.3
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

141119_app_bnr2

 

Comments are closed.