普段は「あぷまがどっとねっと(外部リンク)」という、主に個人開発やインディ系のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれる事無く更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをiPhonePLUSさんでも毎週紹介させていただいております。

 そんなわけで今週もよろしくお願いいたします。

 

第10位

ift

『フェアリーテイル ~ブレイブサーガ~』
TAITO Corporation

週刊少年マガジン」で連載中の漫画「フェアリーテイル」がソーシャルゲームで登場。メインのゲーム部分は「同色の宝石を3つ以上なぞって消す」という『ツムツム』方式を採用。消した宝石と同色属性のキャラの攻撃力が上がり、敵を攻撃します。キャラ固有の必殺技や、宝石を連続で消すと突入する「ヒートアップモード」など、ド派手な演出で気持ちよく遊べます。あとキャラクターのおっぱいがとっても揺れます。

sfea

iphonepeople_dlbtn

 

第9位

iyasumi

『勇者には休みがない!Lite』
Dohyoung Kim

勇者がひたすら右へ右へ進みます。壺やモンスターと衝突すると体当たりでそのまま攻撃してくれるんですが、ダメージも受けます。いいタイミングで魔法を使ってモンスターを攻撃したり、ポーションを使って体力を回復させながら、どんどん進んでいきましょう。いずれ死が訪れますので、ゲットしたコインを使って装備を整え、再び冒険へ。勇者は世界の平和のために、休みなく働き続けてくれます。

syusya

iphonepeople_dlbtn

 

第8位

ironri

『暇つぶしクソゲー「論理マン」』
Daisuke Toda

3つの選択肢から、相手を論破できそうなセリフを選んで相手を攻撃しましょう。選択を間違えると、相手がどんどん調子にのっていき、最後には掟破りの「逆論破」されてしまいます。そのイラストがとってもイラつきますが、たまにはこういう「とんがったアプリ」を遊んでみるのもいいのではないでしょうか。

sronpa

iphonepeople_dlbtn

 

第7位

iplus

『プラスクロス』
Happymeal Inc.

縦/横それぞれのマスの合計が指定の数字になるように、「1桁の数字」を置いていくロジックパズル。「同じラインに同じ数字は置けない」というルールがございます。例えば「2つの数字を足して4にせよ!」という場合、「2」+「2」はルール上使えないので、必然的に「1」+「3」の組み合わせのみとなります。このルールを利用して、確実に数字を置けるマスを見つけ出し、時間内に全マス埋めつくしましょう。

splus

iphonepeople_dlbtn

 

第6位

imado

『マドマジョ』
U-WORKS Inc.

上から見下ろしている独特な構図が面白い放置ゲーム。うにょうにょと湧いてくるモンスターたちに向かって、高台から魔法攻撃! モンスターを倒しまくってレベルアップすると、新たな魔法を購入することができ、より強いモンスターを倒すことができます。魔法を使うと「マジックポイント」が消費されます。これは時間が経つと自動的に回復します。3Dモデリングのキャラがとってもキュート。後ろ姿しかお見せできないのが辛いです。

smajyo

iphonepeople_dlbtn

 

第5位

iori

『ORIFICE-オリフィス-:ホラーアドベンチャー』
Daisuke Okada

3Dで作られたフィールドを十字レバーで動き回り、人に話しかけ、様々な謎を解いていくアドベンチャーゲーム。オープニングの演出の仕方が映画っぽい感じに作られております。開発者さんはゲームを作りたいのではなくて、映画を作りたいのかもしれません。タイトルから推測すると「ホラー要素」が盛り込まれているようですが、まだそこまで進んでいないので、その恐怖度はなんとも言えません。苦手な方はご注意を。

sori

iphonepeople_dlbtn

 

第4位

itasu

『助けてチキン』
Gyeongtae Park

勇者たちを産み出し、モンスターが住む城に乗り込ませるゲーム。ざっくりわけて2部構成のゲーム性になっておりまして、前半戦はパズルモード。同色のパネルを3つ以上なぞって消します。その色と数に応じた強さの冒険者がぽこぽこ生まれてきます。できるだけたくさん繋げてより強い冒険者を生み出しましょう。後半戦はその冒険者たちが、勝手にモンスターのいる城に攻め込んでいくので、その様子を固唾を飲んで見守る観戦モード。海外の作品なんで、日本語がちょいちょいおかしいですが、そこもまたいい味になってます。

stasu

iphonepeople_dlbtn

 

第3位

i100

『100万歳のババア』
hiroyuki shigetomi

100万歳のババア、もといお婆さまを若返らせるゲーム。立っているお婆さまをタップしたりスワイプすると、コケたり、バク転したり、腕立て伏せして少しずつ若返っていきます。「鍛錬」モードには3つのミニゲームが用意されておりまして、お婆さまの顔を美顔ローラーでひたすらこすったり、タイミングよくタップしてバーベルをあげたりしながら、「ミスユニバース」の頃の姿を取り戻しましょう。最後のお姿がとても気になりますが、100万歳はなかなかハードル高いです。

sbaba

iphonepeople_dlbtn

 

第2位

iyabou

『スライムの野望』
altairworks

スライムを操り人間たちと戦うタクティクスシミュレーションゲーム。所詮スライムなんで、人間とまともに戦っても勝てません。強そうな人間のお口に飛び込み内臓から体を支配し、その力で人間どもを全滅させましょう。かわいい絵柄とは裏腹に、ゲームの難易度がやや高めの設定。死んだ数だけプレイヤーがうまくなる。そんなゲームらしいゲームとなっております。

ssura

iphonepeople_dlbtn

 

第1位

iyuu

『宿屋「ゆうべはおたのしみでしたね」勇者「!?」 経営&育成ゲーム』
GLOBAL GEAR, K.K.

あなたは宿屋の主人です。お泊まりいただいた勇者さまたちから、宿泊代やチップをいただき、部屋の増築や改装を行って、地域一番の宿屋に育て上げましょう。というのは表向きの目標。真の目的は勇者たちが止まっている部屋をこっそり盗み聞きして「おたのしみの瞬間」を楽しむ、なんともお下品なテーマのゲーム。いろんな勇者の「おたのしみの瞬間」をコンプリートしましょう。

syado

iphonepeople_dlbtn

■今週のまとめ

 今週は人気のドット絵ゲーはもちろん、放置ゲー、パズルゲー、そしてバカゲーといろんなジャンルがランクインし、個人的には「これぞランキング」という感じでニヤニヤが止まりません。

 そんな中でイチオシは、リリースをずっと待っていた2位の『スライムの野望』。当サイトの読者層にがっつりハマりそうなんで1位を獲るだろうなーと、リリース前から思っていたんですが、同じ週にリリースされた「ゆうべはおたのしみでしたね」が強すぎました。前者はがっつりとゲームを楽しみたい方、後者は気楽に数字が増えていくのを楽しみたい方にオススメでございます。

 最後に「ランクインしなかったけど、これも是非やってみて!」というオススメアプリをご紹介して〆させていただきます。

 

■惜しくもランク外! 今週の注目新作アプリ

idaji

『ダッジ&ハンティング』
Ryota Saito

謎の青い生き物を操り、モンスターをハントするアクションゲーム。モンスターの行動パターンを覚え、隙をついてタップで攻撃。モンスターを倒して素材を集め、より強い武器を装備して、新たなモンスターをハンティングしましょう。角や牙などの「部位」を狙ってそこを破壊するとレアな素材が手に入るかも?

sjya

iphonepeople_dlbtn

 

Comments are closed.