みなさん、こんにちは。 アプリマーケティング研究所、iPhonePLUS出張所です。今回は写真コラージュアプリ「papelook」の小澤さんにお話を聞きました。

papelook_ozawa

パペルック株式会社CEOの小澤 一郎さん

Q papelookについて教えていただけますか?

 「papelook」(外部リンク)は写真を切り抜いて雑誌のようにコラージュを作成できるアプリで、2011年6月にリリースしました。ダウンロード数は1300万ダウンロードで、iOSとAndroidの比率は6.5対3.5です。現在はアルバイト含めて15人で運営しています。

papelook_ss

Q 1000万ダウンロードを超えているアプリは少ないですが、最初の反響はどうでしたか?

 実は、最初の1年は15万ダウンロードと、それほど結果が出ませんでした。当初SNSの機能を入れていたのですが、リニューアル時に外してコラージュに特化しました。すると、会員登録が不要になったことも後押しして、一気に人気が出ました。機能を追加したのではなくて、省くことによって人気が出たという珍しいパターンです。

Q SNSの機能はなぜ外そうと考えたのでしょうか?

 ユーザーの利用率をデータで見ると、全然SNS機能が使われていなかったため方向転換をしました。

Q ユーザー層はどのような感じですか?

 女性比率が97%で、10~20代が多いです。日本のユーザーが65%で海外は35%ですが、アジアやアメリカのユーザーも増えています。タブレットユーザーは3%程度なので、ほぼスマホで使われているアプリです。

Q リリースした2011年と今で、アプリ市場で変わったことは?

 ユーザーがアプリをダウンロードしてくれるハードルは上がったかなと思います。昔はクオリティの高いアプリを出すと「これが無料ってすごい!」という感じでしたが、今はもう無料が当たり前。無料に対するユーザーの意識はすごく変わったのではないでしょうか。

Q アップデートで改善しているところは?

 まずひとつは「スタンプの追加」、そしてもうひとつが「安定稼働」です。画像を多く使うアプリなので、他のアプリに比べてすごく落ちやすいんです。

 なので、安定して動くか、サクサク動くかというところは、ものすごく時間をかけて改善をしています。papelookはユーザーの1回の平均利用時間が20分程度と長いので、アプリが途中で落ちて画像が消えないように注意しないといけません。

Q 海外でユーザーを伸ばすためにやっていることは?

 基本的にローカライズ、翻訳しかやってないですね、タイ、インドネシア、中国、韓国などアジア中心に10カ国語に対応しています。ただ、現状の日本ユーザーのほうがアクティブ率がいいんです。今後は、もう少しローカライズをやっていきたいですね。

 今はアメリカと日本で同じスタンプを表示していますが、国ごとに人気のスタンプが当然違ってくるので、そうした改善をやっていこうと考えています。

Q マネタイズや収益化は、どのようにやっていく予定ですか?

 広告収入とスタンプ課金です。現状スタンプに課金しれくれるユーザーは子育て中のお母さんが多いです。若い女性があまり課金しているのは見たことがないですね。

Q ローカライズは対応するべきでしょうか?

 はい、ローカライズは出来るだけ対応したほうがいいと思います。最低限の英語だけじゃなくて、もっとたくさんの言語でやったほうがいいですね。日本人が英語のアプリを使うか? と考えたら、やはりダウンロードされないと思うんですよ。それと同じことをやっているということになるので、当然やるべきかなと感じます。アプリのジャンルによっては、1言語1万円くらいで翻訳も出来ますし、コストはあまりかかりません。ただ人力の翻訳サービスだと変な翻訳をされるケースがあるので、ネイティブの人にチェックしてもらうのがオススメです。

Q 最後に告知などがありましたらお願いします。

 スタッフ(デザイナーやエンジニア)を募集しています、もしpapelookに興味ある人があればお声がけください!papelookの採用ページはこちら(外部サイト)

取材協力:papelook株式会社

■編集後記

 papelookは触っていてすごく気持ちの良いアプリ、サクサク度が他のアプリよりも優れている。ほんのちょっとの差かもしれないが、これがすごく大事だと思う。多分、すごく細かいところに運営の人達がこだわって改良を重ねているのだろう。あとローカライズにも対応し結果につなげているのも素晴らしいし、10もの他言語に当たり前のように対応するフットワークの軽さも見習いたい。お金をかけなくても1000万ダウンロードを突破できるということを教えてくれる、良い事例だと思う。

141119_app_bnr2

 

Comments are closed.