文●諸富大輔MacPeople編集部

 「ダンボーバッテリー」シリーズで知られるcheeroブランドから登場したのは、意外にもiPhoneケースでした。周囲を見てみると、iPhoneケースを結構頻繁に取り替える人が多いですが、長く使うことでより魅力が増す製品もあります。本革を使用した製品なんかはその筆頭で、使い込むほどに味が出てきます。今回紹介するのは、そんな風に長くケースを使いたいという人向けの2製品です。

cheero Leather Case – SLEEVE CASE iPhone5/5s/5c

cheerocase_01

アスキーストアで購入する

cheero Leather Case – FLIP CASE iPhone5/5s/5c

cheerocase_09

アスキーストアで購入する

 両方とも、素材としてトルコ製の上質な牛革を使用。滑らかながらちょっと硬めの手触りで、革で装丁された古い洋書を連想させます。これは使い込むほどにいい感じになることを期待されてくれる質感です。続いて、各製品の特徴を紹介していきます。

 まず『SLEEVE CASE』のほうは、iPhoneを完全に収納するタイプ。スリーブにスッポリ収納する方式なので、ケースに入れたままでのiPhoneの操作はできません。

cheerocase_04

 ケースは二つ折りになっており、スナップボタンを外してパカッと開けると、カードポケットが現れます。3枚のカードを収容できるので、電子マネーなどのカードとiPhoneを入れておけば、「現金を入れないタイプの財布」として使えます。

cheerocase_03

 iPhoneを使用したい時は、背面のテープを引いて本体を取り出します。スポッと入れてシュッと出せるので、出し入れはスムーズです。テープをいっぱいまで引いても本体の3分の1程度までしか出てこないので、iPhoneが勢いよく飛び出して落っこちるという心配もなし。

cheerocase_02

 ハンドストラップは取り外し可能で、別売りのネックストラップに付け替えることも可能です。

4580370738261_03

 カラバリは写真の4色。ブラウンやパープルは発色の良さが魅力です。

 続いては『FLIP CASE』。ケースに入れたままiPhoneが操作できなきゃヤダ、という人にはこちらがお勧めです。こちらはストラップは付いていませんが、ストラップホール自体は備えているので、別売りのストラップを装着可能。また、カードポケットも3つ付いています。

cheerocase_08

  こちらも二つ折りタイプですが、iPhoneを装着する部分はいわゆるシェルケースタイプのように本体をはめ込むかたちなので、パカッと開けば操作可能な状態になります。

cheerocase_07

 フリップはマグネット式なので、カバーを開くのもスムーズ。

cheerocase_09

 背面にはカメラようの穴も開いているので、カバーをしたままの撮影もOK。

4580370738131_00

  こちらはカラバリも豊富で、写真の9色。ウォッシュド、ヴィンテージ、ヌバックの3タイプの質感が用意されており、カラーによって使い分けられています。

 いずれも、本革製品にしてはかなりリーズナブルな価格設定なので、長く使えることも考えると、プライスパフォーマンスは抜群と言えます。ぜひともアスキーストアでチェックしてみてください。

cheero Leather Case – SLEEVE CASE iPhone5/5s/5c

アスキーストアで購入する

 ■cheero Leather Case – FLIP CASE iPhone5/5s/5c

アスキーストアで購入する

 

 さて、MacPeople 9月号(7月29日発売)では、1.4GHzの低価格iMacレビュー、夏のモバイル活用術、Photoshopで始める iOSアプリ開発入門、iTunes Match徹底解剖、アプリ開発者のアイデア発想術など盛りだくさんの特集を掲載しています。電子版なら気になるキーワードで検索ができますよ!

MacPeople9月号は夏のモバイル大特集

Amazonで購入は表紙をクリック

400x80amazoncheck

 

Comments are closed.