(文●AppBank マミルトン 編集●週アス菊地)

appbank_top001


Flying Ruler
App Store価格 100円
開発 ALEXEY BRILEV

 

 

iphonepeople_dlbtn

  iPhoneを移動させることで距離や寸法、角度が測れる。測り始めは平均4%以内の誤差が生じるが、何回か計測を重ねることで、より精度が高められる。Flying Ruler公式サイト(外部リンク)で、計測手順のデモ映像を公開している。

マックスの座高計測中

■定規が見あたらない!? それなら、iPhoneで

 こんにちは、マミルトンです。

 今日は、ものすごいアプリをご紹介いたしましょう。『Flying Ruler』という、iPhoneでいろんなものの寸法が測れるアプリです。家具や家電を買う際に設置スペースを測ったり、宅配便を送るときに荷物の寸法を測ったりなど、日常生活の中で長さや寸法を測りたいときってありますよね。そんなときに限って定規やメジャーが見つからなかったり、手元になかったりして、んもーっ、と思うことってありますよね。でも、このアプリがあれば大丈夫。

 まずは、事前に水平な場所で校正(キャリブレーション)を実行します。あとは測りたい場所や物に沿ってiPhoneをすーっと移動させれば測定完了。また、iPhoneの画面に目盛りを表示させて定規として利用することもできますよ。

 今回は例として、みんなから高いと言われているマックスむらいの座高をFlying Rulerで測ってみたいと思います。むむっ、91センチ! 確かに座高高いっスね。そういえば、最近の学校では座高を測らなくなったそうですよ。この機会に、座高を測りあいっこしてみてはいかがですか。

■距離と角度が測れる

↑距離・寸法の測定は、目盛り付きのメジャーも使える。角度は0~180度まで測れる。

iPhoneを空中移動

↑(1)iPhoneを始点にセット→測定開始→(2)iPhoneを空中移動→(3)iPhoneを終点にセット、で距離を算出する。

AppBankの支配者が好き放題語るコーナー『マックスむらい日記』

 ニコニコでやっている『マックスむらい部』。入部(月額会員)はお済みですか?

 ニコニコでは生放送を中心にいろんなイベントを開催していて、ニコファーレでのカラオケ大会や手羽先早食い対決、富士山登頂など、盛りだくさんでございます。年内の予定はざっくり決まっているのですが、この先もずっと、飽きさせないですよ!

 明かせる企画をちらっとだけ言うと、料理対決とか、ボウリング大会とか。言えない企画だと……もうヤバイ! なんだこれって、ありえない企画が待ち構えております! ぜひマックスむらい部も、よろしくお願いします!!

ニコニコチャンネル『マックスむらい部』外部リンク)

↑マックスむらい部の部費は月額540円。部員限定の動画配信やイベントご紹介など、特典を用意してお待ちしてます!

Tagged with:
 

Comments are closed.