文●藤村容子MacPeople編集部

 大事な会議や図書館での仕事中、また映画や舞台鑑賞中など、iPhoneを使いたいけれど、着信音やバイブレーションを鳴らしたくないときの便利な設定方法を2つ教えます。

着信時のバイブレーションを鳴らさない

 iPhoneに用意されているマナーモードへの切り替えボタンを使うと着信時に音は鳴りませんが、バイブは鳴ってしまいます。でもiPhoneの電源を切るのではなく電話やメールは受けたい、という場合には次のように設定します。

140728_mannermode_01

 「設定」アプリの「サウンド」にある「バイブレーション」で、「着信音なし」をオフにしましょう。これでマナーモードのときはバイブが鳴りません。

機内モードを使いながら、Wi-Fiでネットワークを利用

 iPhoneの機内モードをオンにすると、Wi-FiやBluetooth設定が自動的にオフになります。これで電話やメールなどを一切受けずに済みます。ただし、ウェブブラウザーでの検索やネットワーク接続が必要なゲームもできなくなってしまいます。

140728_mannermode_02

 実は、機内モードを使いながらWi-Fi設定をオンにすることが可能です。Wi-Fiがある場所なら、着信を受けずにネットワーク接続ができるというわけです。SMS/MMSを除くメールやLINEも受信できます。

140728_mannermode_03

 iPhoneを使用する環境に合わせて、使い分けてみてくださいね。

 MacPeople9月号(7月29日発売)の特集ラインアップはこのほかに、1.4GHzの低価格iMacレビュー、Photoshopで始める iOSアプリ開発入門、iTunes Match徹底解剖、アプリ開発者のアイデア発想術を掲載しています。電子版なら気になるキーワードで検索ができます!

MacPeople9月号は夏のモバイル大特集

Amazonで購入は表紙をクリック

400x80amazoncheck

 

Comments are closed.