文●諸富大輔MacPeople編集部

 コレはいいです。アスキーストアで扱いが始まる前から個人的に使っていたので、よっく知ってますハイ。5ポートのUSB充電器です。USBハブではありません。あくまで単体動作する充電器です。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器

Anker_01

アスキーストアで購入する

 MacBookシリーズをお使いの皆さんは常にこうお思いではないですか? 「USBポートが足りない!」と。いまや、iPhone/iPadをはじめ、ありとあらゆる電子機器がUSBポートからの充電に対応している時代です。パソコンとの同期やデータ転送にはMac本体のUSBポートを使うとしてに、せめて充電用にもっと多くのUSBポートが欲しい──そんな人にお勧めしたいのがこの製品です。

Anker_03

  USBポートを5基装備しており、最大5台の機器を同時に充電できます。しかも、「PowerIQ」テクノロジーの搭載により、接続された機器を自動的に検知し、機器ごとに適した最大速度で充電できるのです。この種の充電器はポートによって出力が固定されていることも多いですが、この製品はどのポートに差しても最速で充電できるというわけです(ただし、最大出力は5ポート合計で8A)。賢い!

Anker_04

 この充電器自体の電源は、家庭用の100Vコンセントから取ります。余分なケーブルを束ねられるバンドも付いているので、収納時・持ち運び時にはコンパクトにまとめられます。

Anker_02

  持ち運びといえばサイズも気になるところですが、この製品は5ポートでハイパワーなうえにサイズが小さいのがまたいいのです。寸法は、幅58×奥行き91×高さ26mm。上の写真はMacBook Air 11インチの電源アダプターと並べたところ。形は異なりますが、似たようなサイズ感です。

Anker_05

 デザインもシンプルで、Macと並べてもまったく違和感なし。もちろん寝かせて設置してもOKです。

Anker_06

 本体カラーは、ホワイトのほかにブラックもあり。ブラックモデルはコネクターの内部も黒く塗装されており、電源ケーブルも黒。こちらも渋くていいですね。

 こういうデザインがいい製品はやたらと値段が高かったりしますが、この充電器はそういうボッタクリ感もない、非常にプライスパフォーマンスに優れた製品となっております。寝室などに1台あっても重宝しますし、旅行先にもデジタル機器を複数持って行くタイプの人にもうってつけ。まさにイチ押しです。

アスキーストアで購入する

 


 さて、MacPeople 8月号(6月28日発売)では、OS XやiOSのさまざまな機能開放や新開発言語の登場で開発者にとっては大興奮の内容だったWWDC 2014を総力特集。また、WWDC2014で発表されたアップルの新しいプログラミング言語「Swift」を徹底解説する「Swiftパーフェクトガイド」、デバイスに応じた最適化サイトが簡単に作れる「WordPressレスポンシブウェブデザイン」、ウェブサイトとアプリの両面からGoogle アナリティクスを使った解析の基本を徹底解説する「Googleアナリティクス基礎講座」など盛りだくさんの内容でお届けします。

MacPeople8月号はWWDC2014 会場が目印

Mpe08

Amazonで購入は表紙をクリック

 MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

 

Comments are closed.