文●藤村容子MacPeople編集部

 iPhone/iPadのメッセージアプリでは、Mac/iOSユーザー同士なら常に無料でやり取りできるiMassage、電話番号を知っていれば送信できるSMS、キャリアメールであるMMSが使えるため、連絡手段として使っている人は多いでしょう。本アプリで使える裏ワザをご紹介します。

■送信時間の確認

 メッセージの一覧画面で受信時間は確認できますが、自分がメッセージを送信した時間はわかりません。

140708_fjmr_message_01

 実は、自分が送信したメッセージを左にフリックすると、送信時間が表示されます!

140708_fjmr_message_02

■メッセージを削除

 メッセージの受信一覧の「編集」機能で特定の相手とのやり取りを丸ごと削除できますが、メッセージを個別に消すことも可能です。

 相手、または自分のメッセージを長押しし、「その他」を選びます。

140708_fjmr_message_03

 すると、左側に選択項目が現れます。ここで消したいメッセージにチェックを入れ、「ゴミ箱」をタップしましょう。複数のメッセージをまとめて消すこともできます。

140708_fjmr_message_04

140708_fjmr_message_05

 大事なメッセージだけを残しておけば、あとから見直すときに見やすくなります。 ただし、当然ですが、メッセージが消せるのは自分のデバイスのみ。送信した相手の画面からは消えませんので、ご了承ください。


  MacPeople8月号(6月28日発売)では、OS XやiOSのさまざまな機能開放や新開発言語の登場で開発者にとっては大興奮の内容だったWWDC 2014を総力特集。また、WWDC2014で発表されたアップルの新しいプログラミング言語「Swift」を徹底解説する「Swiftパーフェクトガイド」、デバイスに応じた最適化サイトが簡単に作れる「WordPressレスポンシブウェブデザイン」、ウェブサイトとアプリの両面からGoogle アナリティクスを使った解析の基本を徹底解説する「Googleアナリティクス基礎講座」など盛りだくさんの内容でお届けします。

MacPeople8月号はWWDC2014 会場が目印

Mpe08

Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

 

Comments are closed.