消費税++消費税++
Daiko K.K.
無料
バージョン: 2.0
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

 

 消費税電卓アプリ「消費税++」をバージョン2.0にアップデートしました。今回のアップデートで、消費税計算履歴を確認できるようになりました。お買い物の最中に大活躍まちがいなし!

消費税計算履歴

 消費税++の基本的な使い方はこちら。

消費税計算に真打登場! その名も「消費税++」

■消費税計算履歴の使い方

 ここでは、新機能の使い方をご案内いたします。

消費税計算履歴のグループ

 消費税計算履歴はお買い物毎にグループ分けして表示されます。アプリ側で自動的にグループ分けを行いますので、面倒な操作は不要です。必要ならグループ同士は統合・合算できます。また、不要なグループは削除可能です。

 さて、消費税相当額に1円未満の端数が生じる場合、その端数をどのように処理(切捨、切上、四捨五入)して税込価格を設定するのかは、事業者(お店)によって違います。そのお店が採用している端数処理の方針により、支払金額が変わるというわけです。アプリでは事業者の方針は判定できませんので、ここでは3つのケース毎(赤枠)に支払額の合計を算出しています。実際にレジで支払う金額はこの3つのどれかになります。

個別に計算

 かけ算をした上で消費税を計算した場合は「同じものを複数個購入した」と判断して履歴に表示します。

 例えば、510 × 3 = 1530

 を求めた後に消費税を計算した場合は、履歴では本体価格1530円ではなく、本体価格510円の商品×3個として表示いたします。

詳細画面

 詳細画面に切り替えることで、端数切捨や切上、四捨五入の場合のそれぞれの計算結果(黄枠)とそれらの合計(赤枠)を確認することができます。それぞれの計算結果の合計値は、仮にひとつひとつを別々に会計した場合の支払金額となります。

 このスクリーンショットの例のように、端数切捨方式のお店であれば、場合によってはひとつひとつバラバラに買った方が安くなったりしますね。実際にそんなことをするかどうかは別として、ですが。

 以上、新機能「消費税計算履歴」の使い方をみてきました。みなさまのお買い物のお役に立つことを願っております。消費税++は無料でお使いいただけます。ぜひダウンロードしてご活用ください。

 

消費税++
Daiko K.K.
無料
バージョン: 2.0
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

iphonepeople_dlbtn

Comments are closed.