文●藤村容子MacPeople編集部

 毎日手元にあるiPhoneだからこそ、「時計」アプリのタイマーを活用しましょう。

 料理中などあまり手が自由にならない状態でiPhoneにパスコードロックをかけていても、画面を下からスワイプして「コントロールパネル」を呼び出し、「時計」アイコンをタップすれば、タイマーが一発で呼び出せます。

140701_fjmr_timer_01

140701_fjmr_timer_02

 ロック画面に残り時間が表示されるため、時間の経過も確認できます。タイマーの停止も、ロック画面のまま操作可能です。

140701_fjmr_timer_03

 また、寝る前に音楽を聴いていてそのまま寝落ちしやすい人は、タイマー機能で音楽を自動的に停止することもできます。

 「タイマー」を開き、「タイマー終了時」の項目を「再生停止」に設定すればOK。これは「ビデオ」アプリでの動画再生中にも使えます。

140701_fjmr_timer_05

 タイマーの自動停止は「Podcast」アプリでも使えます。Podcastには専用のスリープタイマー機能が備わっており、再生しているエピソードの終了時に自動停止できます。

140701_fjmr_timer_06

 ただし、停止時間は5分/10分/15分などと決まっているので、もっと細かく停止時間を設定したいときは、時計アプリのタイマー機能を使うといいでしょう。

140701_fjmr_timer_07


 MacPeople8月号(6月28日発売)では、OS XやiOSのさまざまな機能開放や新開発言語の登場で開発者にとっては大興奮の内容だったWWDC 2014を総力特集。また、WWDC2014で発表されたアップルの新しいプログラミング言語「Swift」を徹底解説する「Swiftパーフェクトガイド」、デバイスに応じた最適化サイトが簡単に作れる「WordPressレスポンシブウェブデザイン」、ウェブサイトとアプリの両面からGoogle アナリティクスを使った解析の基本を徹底解説する「Googleアナリティクス基礎講座」など盛りだくさんの内容でお届けします。

MacPeople8月号はWWDC2014 会場が目印

Mpe08

Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

 

Comments are closed.