文●諸富大輔MacPeople編集部

 世の中にはとにかく目立ちたいという人が結構います。いや、普通の人でもハロウィンパーティーや仮装パーティーなどで、ウケを取らないといけないシーンもあるでしょう(あんまりないかな……?)。まあとにかく、一発勝負で誰かをドキッとさせたい、でもそんなに手間はかけたくないという時に、こんなTシャツを使ってみてはいかがでしょう。

デジクロ Tシャツ

thirts_01

アスキーストアで購入する

 まあこれだけでも結構インパクトのある、というかちょっとアレな感じもしないでもないTシャツですが、単なるTシャツではございません。なんとこれ、iPhoneと連動するんです。連動というかなんというか、やっていることは実にアナログなのですが。

thirts_02

 シャツを裏返すと、胸の部分にポケットが付いています。ベリベリとマジックテープで留めるタイプで、ここにiPhoneを入れるわけです。で、表のプリントの「目」の部分に穴が空いていると。どういうことか、もうおわかりですね。そう、この「目」がグリグリと動くんです。

thirts_03

 「デジクロ」(digital  dudz)という無料の専用アプリをダウンロードしまして、Tシャツに合った柄を選びます。あとは「PLAY ANIMATION」をタップすれば、ちょうど穴の部分に合う目玉の画像が表示されるわけです。大きさや位置はピンチ操作で調節できます。

thirts_01

 これが装着図。静止画だとわかりにくいと思いますので、下記の公式動画をご覧下さい。

 こんな感じで、見た人をドキッとさせる効果は十分にあります。まあそれ以上でもそれ以下でもありませんが……。というか、これにiPhoneを装着していたらiPhoneが使えないというものすごい弱点がありますね。使わなくなった古い機種とか、iPod touchとかを使うのがいいかもしれません。

thirts_05

 絵柄はほかに上図の5種。女性が着ている猫ちゃんのがかろうじて可愛いくらいで、あとは基本的にホラー系ですね。ジョーク系アイテムが好きな人はどうぞ。

アスキーストアで購入する

 


 MacPeople8月号(6月28日発売)では、OS XやiOSのさまざまな機能開放や新開発言語の登場で開発者にとっては大興奮の内容だったWWDC 2014を総力特集。また、WWDC2014で発表されたアップルの新しいプログラミング言語「Swift」を徹底解説する「Swiftパーフェクトガイド」、デバイスに応じた最適化サイトが簡単に作れる「WordPressレスポンシブウェブデザイン」、ウェブサイトとアプリの両面からGoogle アナリティクスを使った解析の基本を徹底解説する「Googleアナリティクス基礎講座」など盛りだくさんの内容でお届けします。

MacPeople8月号はWWDC2014 会場が目印

Mpe08

Amazonで購入は表紙をクリック

 MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

 

Comments are closed.