文●藤村容子MacPeople編集部

 いまや、デジカメを持たず、iPhoneをカメラ代わりとして使っている人は多いはず。遊びに行った先での記念撮影や食べたもの、メモ代わりのスクリーンショットなど、カメラロールの中は個人情報の宝庫です。

 「誰かにカメラロールを見られたら……」と心配な人でも、大切な写真は削除せずにとっておきたいもの。そこで、「トリミング」機能を使って、写真を削除せずに隠す方法を紹介します。

 iOSデバイスの「写真」アプリで写真を開き、右上の「編集」ボタンをタップすると、編集モードに切り替わります。

01

 下にあるメニューバーの右端にある「トリミング」アイコンをタップすると、写真を好きな形に変形させることができます。

02

 見えては困るものが写り込んでいたら、それを切るようにトリミングしましょう。

03

 右上の「トリミング」をタップし、画像を保存すると、カメラロールにはこの状態で保存されます。

05

 これで終わり、ではありません。実はこのトリミング機能、見かけ上トリミングされているだけで、元に戻すことができるのです。

 再度写真を開き、「編集」、メニューバーの「トリミング」アイコンをタップすると、上側にトリミングしたはずの写真の上部が見えるのがわかります。

06

 再度トリミングのエリアを広げると、元に戻せるというわけです。

07

 人には見られたくない写真は、この方法で死守してください!

 


 MacPeople7月号(5月29日発売)では、4月29日に急遽発売された新MacBook Airの速攻レビューを巻頭で特集。また、愛用のマシンを改造&カスタマイズする「愛用マシンを限界チューンアップ」、建築的な視点から各国のアップルストアを見ていく「アップルストアの知られざる真実」、2Dゲームの開発環境として人気のCocos2d-xを徹底解説する「Cocos2d-xゲーム開発入門」、アプリのプロモーションに効果的なプレー動画の作り方を解説する「YouTubeプレー動画講座」など盛りだくさんの内容でお届けします。

MacPeople7月号はアップルストアが目印

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

 

Comments are closed.