文●諸富大輔MacPeople編集部

 iPhoneのように片手で持つことが前提のスマホと違って、iPadやiPad miniのようなタブレットは、手持ちで操作するにはいささか安定に欠けます。また、机などに置いて使う際も、ほどよい角度がついていたほうが見やすいし、操作もしやすいですよね。

 そこで、iPadの背面に「ドアノブ」のような突起を付けて、ホールド感と操作性を向上させようというのが、今回紹介する製品です。ここでは、iPad miniを使って使用感を検証してみました。

STEELIE HOBKNOB KIT

STEELIE_01

アスキーストアで購入する

 こちらがセット内容。本体であるノブ(左上)とそれをiPad/iPadカバーの背面に装着するためのマグネットソケット(左下)、アルコールシート(右下)が入っています。なお、マグネットソケットは超強力な永久磁石なので、装着時は周囲に鉄製品などがない環境で作業しましょう。

STEELIE_02

 それでは、装着作業に入ります。まずは、アルコールシートで接着面付近をきれいに拭きあげます。ちなみにメーカーでは、iPadでもiPad miniでも背面のほぼ中央、つまりリンゴマークの位置に装着することを想定しているようです。

STEELIE_03

 続いて、マグネットソケットを貼り付けるためのシールのカバーをペリリと剥がします。粘着力を最大限に生かせるように、剥がしたらすぐiPadの背面に貼れるように準備しておきましょう。

STEELIE_04

 リンゴマークの部分にマグネットソケットを貼ったら、1時間ほど待ちます。これはマグネットソケットの粘着シートがしっかりと張り付くのに一定の時間がかかるからです。その後、ソケットの上にノブを被せます。これで装着作業は終了です。

STEELIE_05

 まずはスタンドとして使ってみました。写真はiPad miniですが、横向きにするとほどよい角度が付き、動画鑑賞などにちょうどいい感じです。当然ながらiPad Airなどの大きいサイズのモデルでは、もう少し傾斜が緩くなります。

STEELIE_06

 iPadを縦向きにして置くと、下端からノブまでの距離が遠くなるため、傾斜が緩くなります。好みの問題ですが、個人的には横向きに置いたくらいの角度のほうが見やすいと感じました。

STEELIE_07

 続いて、手で持った状態。iPad miniの場合、片手持ち時のホールド感が上がっていい感じです。場所も中央でちょうどいい。人差し指と中指の間、または中指と薬指の間にノブを挟むようにすると、iPad miniの左右の端との3点で支えるかたちになり、扱いやすさが大幅にアップします。

STEELIE_08

 「STEELIE」シリーズにはバリエーションがあり、スマホやタブレットを自動車のダッシュボードに固定する「CAR MOUNT KIT」や、タブレットを主に据え置きで使う人向けの「PEDESTAL KIT」があります。

STEELIE CAR MOUNT KIT

STEELIE_09

アスキーストアで購入する

STEELIE CAR MOUNT KIT

STEELIE_10

 というわけで、スマホやタブレットの利用シーンを広げたい人にはピッタリです。買い替えで型落ちしたiPhoneやiPadに使うのもよさげですね。

アスキーストアで購入する


 さて、好評発売中のMacPeople 7月号(5月29日発売)は、巻頭特集の新MacBook Air速攻レビューのほか、現行マシン改造・パワーアップ特集、近々新店舗オープンと噂されるアップルストア特集、Cocos2d-xゲーム開発入門、YouTube動画作成術、デベロッパーに聞くスマホアプリの最新トレンド──などを掲載しています。

 ちなみに、内容を保存版としてとっておきたい人には、キーワード検索ができて場所も取らない電子版がお勧めです。値段も紙バージョンより少しお得ですよ!

MacPeople7月号はApple Storeが目印

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

 MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

 

Comments are closed.