文●藤村容子MacPeople編集部

 iOS 7の「リマインダー」アプリでやらなければならないことをリスト化しておけば、指定した時間が来るとアラームで知らせてくれるため、こまごましたことを忘れずに済みます。ただし、買わなければならないものや、つい忘れがちな習慣など、明確に時間が決まっていないタスクもあるでしょう。

 そんなときにお勧めしたいのが場所指定です。自宅を出発するとき、最寄り駅に到着したら、会社に着いたらなど、場所を指定したタスクを作成できます。

 リストの空欄をタップし、新規リマインダーを作成します。

140602_fjmr_remainder_01

 「i」ボタンから詳細を追加しましょう。

140602_fjmr_remainder_02

 「指定場所を通知」をオンにし、住所やスポット名で場所を指定します。

140602_fjmr_remainder_03

 到着時/出発時のいずれかを選べば、設定完了です。

 指定したエリアを離れる/近づくと、リマインダーで知らせてくれます。

140602_fjmr_remainder_04

 これで、自宅を出たあとに忘れ物がないか思い出す、最寄り駅に着いたら定期を買う、会社に着いたらメールする、など行動に合わせてタスクを思い出せますよ!

 なお、「設定」の「プライバシー」にある「位置情報サービス」で「リマインダー」の項目をオンにしなければ動作しませんので、注意しましょう。

140602_fjmr_remainder_05


 MacPeople7月号(5月29日発売)では、4月29日に急遽発売された新MacBook Airの速攻レビューを巻頭で特集。また、愛用のマシンを改造&カスタマイズする「愛用マシンを限界チューンアップ」、建築的な視点から各国のアップルストアを見ていく「アップルストアの知られざる真実」、2Dゲームの開発環境として人気のCocos2d-xを徹底解説する「Cocos2d-xゲーム開発入門」、アプリのプロモーションに効果的なプレー動画の作り方を解説する「YouTubeプレー動画講座」など盛りだくさんの内容でお届けします。

MacPeople7月号はアップルストアが目印

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

 

Comments are closed.