文●藤村容子MacPeople編集部

 先日、iTunes Matchを導入しました。せっかくなので通勤途中にも使いたいと思い、「設定」→「iTunes & App Store」で「モバイルデータ通信」をオンにしました。

PLUS/iTunesmatch_パケット_01

 これで、Wi-Fi環境でなくてもストリーミング再生や曲のダウンロードが可能です。

 しかし、モバイルデータ通信だと、やっぱりパケット通信量が気になります。調べてみることにしました。

PLUS/iTunesmatch_パケット_02

 「設定」→「モバイルデータ通信」の「モバイルデータ通信の使用状況」を見れば、どれぐらいのパケットを消費しているかがわかります。

 調べる前に、「モバイルデータ通信」のいちばん下にある「統計情報のリセット」を実行します。

PLUS/iTunesmatch_パケット_03

PLUS/iTunesmatch_パケット_04

 1曲ごとにリセットして数曲聞いてみると、私のライブラリ内の曲の平均は約2.5~2.8MBでした。曲の長さが2~3分と短めなものが多いのです。 1曲約3MBだとすると、キャリアの1カ月のパケット制限である7GBで約2300曲再生できることになります。

PLUS/iTunesmatch_パケット_05

 なお、「モバイルデータ通信」をオンにしていても、「Wi-Fi」設定をオンにしていないと、なぜかモバイル環境でストリーミング再生ができませんでした(ダウンロード済みの曲のみ再生できます)。

 モバイルデータ通信での聴きすぎにご注意ください!


 さて、MacPeople6月号(4月28日発売)では、ネットワークストレージ「NAS」の導入をまとめた「ネットワークデータ管理のススメ」、待望のiPad版「Microsoft Office」を大活用する「Office&OneNoteで仕事効率化!!」、フィルムの代わりとなるかどうかを徹底検証した「iPhone液晶保護ガラス強度比較」といった特集を掲載しています。アプリ開発者の方々に向けた「Unity超入門」、「App StoreにiOSアプリを公開するためのパスポート」もお見逃しなく!

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

 

Comments are closed.