みなさん、こんにちは。

 アプリマーケティング研究所、iPhonePLUS出張所です。 今週気になったアプリ関連のニュースや出来事を紹介していきたいと思います。

 

もこみちの「オリーブオイル効果」で写真加工アプリが人気に。

 速水もこみちさんが料理をするZIP!の人気コーナー「モコズキッチン」の、加工画像がネット上で話題になっています。

 詳しい画像は 、
もこみちが、モコズキッチンでオリーブ入れすぎて話題に。(外部サイト) などで見てもらえたらと思います。

 そして「この画像は、Reflectionというアプリでつくられたようだ」という流れになり、有料100円のアプリに関わらず、アプリをダウンロードする人が急増(おそらく「自分もやってみたい!」と感じたユーザーがたくさんいた)。

Reflection(iTunesリンク)
 写真や画像を水面のような見た目に加工ができるアプリ。

Reflection

 AppStoreのランキングも、「写真・動画カテゴリ」20位⇒1位、「総合(有料)」169位⇒20位 と、たった一日で大きく上昇しました。

appannieReflection

 このようにユーザーは、楽しむための方法や役立つ使い方を理解してはじめて行動するもの。アプリの機能を単純に説明するだけではなくて、「ユーザーにどんなメリットがあるのか? どんな使い方が楽しいのか?」 を伝えていくことが重要だということでしょう。

 

女性向け恋愛シミュレーションゲームに月10,000円つかう。

 20~30代の女性にイケメンと恋愛シミュレーションができるアプリが人気。このタイプのゲームは”乙女ゲー”と呼ばれ、年々検索エンジンでの検索数も増えてきている。

 画像は逆転吉原(iTunesリンク)より。

gyakuyoshiwara

スマホゲームでイケメンと恋愛 月1万円使う女性も (外部サイト)

 このタイプのゲームは、最初の導入は無料で追加エピソードを課金して購入するようなシステムになっている。自分のお気に入りのキャラクターが見つかると、追加エピソードをどんどん購入し、中には、月数千円~1万円も課金するユーザーもいるそうだ。実はスマホアプリと恋愛シミュレーションは相性が良い。

 理由は「こっそりと遊べる」から。お店でこうしたゲームを買うのは恥ずかしい、家族と共用のパソコンでインストールして遊ぶのも気が進まない、という中で、スマホというデバイスととてもマッチしたということ。

 同じ理由で、女性向けの恋愛漫画は電子書籍とも相性が良いと言われている。現在の電子書籍の7割くらいは、実はマンガが占めていて、そしてこうしたちょっと人に見られたくないジャンルは相性が良いのだ。

 

逆転の発想「遠回りする乗り換え案内アプリ」

 乗り換え案内で有名なジョルダンが、遠回りして目的地に到着するためのするためのアプリをリリースした。

乗換案内norippa(iTunesリンク)

norippa

 ニーズとしては、

・就活生が面接の合間をうまく電車を遠回りすることでカフェ代を節約。

 と公式では書いているが他にも、

・営業マンが訪問時の合間のちょっとした隙間時間を埋めることができる。
・サラリーマンが少しだけ休憩したいときに遠回りをする。

 など隠れたニーズがいくつかあるようにも感じる。乗り換え案内を知り尽くした会社だから知り得るニーズを、アプリ化したというのが非常に興味深いところ。もう一般的な機能のアプリは出尽くしつつある感じはあるが、こうした逆転の発想や、密かなニーズを切り口にした斬新なアプリは、まだまだ作れるのかもしれない。


 さて、MacPeople6月号(4月28日発売)では、ネットワークストレージ「NAS」の導入をまとめた「ネットワークデータ管理のススメ」、待望のiPad版「Microsoft Office」を大活用する「Office&OneNoteで仕事効率化!!」、フィルムの代わりとなるかどうかを徹底検証した「iPhone液晶保護ガラス強度比較」といった特集を掲載しています。アプリ開発者の方々に向けた「Unity超入門」、「App StoreにiOSアプリを公開するためのパスポート」もお見逃しなく!

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

480x80nsappdl_mcp2

141119_app_bnr2

 

Comments are closed.