文●山下博人(MacPeople編集部

 PayPalは2014年4月24日、「カフェ ネスカフェ原宿」にて「PayPalプレスミーティング」を開催。現状のPayPalサービスについての説明と、iPhoneを使用した「顔パス支払い」(チェックイン支払い)の体験会を実施した。

IMGP1700

 まずは、PayPalPtd.Ltd.,東京支店・コミュニケーションズ部長の杉江知彦氏から、サービスの概要について説明があった。杉江氏によると、PayPalはEコマースの分野におけるグローバルスタンダードで、全世界193カ国、26通貨に対応し、1億4300万人が利用しているとのこと。そして現在はEコマースの分野のみならず、リアル店舗のオフラインビジネスにも力を入れており、ネットとリアルを合わせた安全性と利便性を両立する”コネクテッド・コマース”の実現を目指しているという。

IMGP1648

↑PayPal Ptd.Ltd.,東京支店・コミュニケーションズ部長の杉江知彦氏

12

↑Eコマースからリアル店舗でのオフラインビジネスを含めた、コネクテッド・コマースへ

■リアル店舗で使用できる、PayPalのオフラインサービスとは!?

 日本で昨年11月から導入している、スマートフォン向けアプリ「PayPal」を使った「顔パス支払い」(チェックイン支払い)は、そんなリアル店舗で使えるオフラインサービスのひとつ。PayPalの決済システム「PayPal Here」を導入している店舗で利用可能で、「PayPal」アプリから店舗を選んでチェックインすると、現金やクレジットカードを使わずに支払うことができる。この4月からヤマダ電機の渋谷店でも試験導入された、今注目の支払いサービスだ。

27

 杉江氏によると、この「顔パス支払い」は、リアル店舗のコマースを進化させるサービスであるとのこと。導入する店舗にとって、専用ハードウェアが不要でコストがかからず、セキュリティも高いなどメリットが多く、POSデータとの連動も可能。店舗側がユーザーの来店開数や購買履歴、購買時間などを把握することもできる。そのデータを駆使すれば、よりパーソナルなサービスを行うことも可能だ。また、日本では導入されてないが、Bluetooth Low Energyを使って自動チェックインできる「PayPal Beacon」というサービスもあるようだ。

3

↑来店回数、購買履歴など、ユーザーの情報を店舗側で把握できる

4

 同様に、まだ日本で導入されてないサービスとして、スマホなどから事前に商品を予約したり購入したりできる「オーダーアヘッド」も海外で展開。たとえば、飲食店に到着する前にスマホから事前オーダーすることなどが可能で、フランスのマクドナルドや、アメリカのJamba Juiceなど、すでに一部の店舗で実現しているとのことだ。

■アメリカでは、バーチャルな「デジタル店舗」の展開も

 また、アメリカでは空き店舗やスペースを使った、バーチャルな「デジタル店舗」も導入しているとのこと。「Connected Glass」というサービスで、巨大なタッチパネルとモバイルを使って、簡単にウィンドウショッピングができるというものだ。低コストで出店することが可能で、店舗の前を通った人数や、タッチパネルに接した人数などのデータを取得することも可能。KATE SPADEなどが採用している。

5

↑アメリカでは「デジタル店舗」の展開も行う

 以上がPalPayのサービスの概要となる。日本でまだ導入されてないサービスも多いが、オンラインとオフラインの双方でビジネスを支援する、最先端のコマース・ツールとなることを目指しているとのこと。今後の日本での展開に注目だ。

■「顔パス支払い」を体験

 最後に、「カフェ ネスカフェ原宿」にて、実際にiPhoneを使って「顔パス支払い」を使ってみた。使い方は簡単で、事前に登録をすませてある「PayPal」アプリを立ち上げて、お店を選択。「チェックインして支払う」をオンにして、注文時にPayPalで支払う旨を伝える。

IMGP1703

IMGP1705

↑アプリを立ち上げて店を選んでチェックインするだけ

 口頭で注文すると、店舗のスタッフがタブレットなどを駆使して本人確認し、オーダーを入力。するとタブレット上に「支払いを確認する」という項目が表示されるので、それをタップすれば完了だ。会計は注文するたびに行うことになる。

IMGP1684

IMGP1697

↑こちらは店舗側のタブレット。注文入力は店舗側が行い、最後の「支払いを確認する」のみ、こちらでタップ

 会計時に「PayPalで払う」と伝える方式は少しアナログな感じもするが、サービスの使い勝手は簡単で悪くないと感じた。まだ、導入している店舗が多くないので、こちらも今後の広がりに期待したい。

※2014年4月28日18:30訂正:初出時、「注文時にスマホ上にあるアプリを展示する」と記していましたが、正しくは「PayPalで支払う旨を伝える」でした。お詫びして訂正いたします。


 好評発売中の5月号(3月28日発売)では、Mac生誕30周年企画のMac OS進化の系譜のほか、WindowsユーザーのためのMac買い換えガイド、iOS 7.1徹底解説、いま話題のiBeaconの最新情報すべてなど、見逃せない特集が盛りだくさんです。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 

Tagged with:
 

Comments are closed.