文●寺田祐子MacPeople編集部

 こんにちは。薄紅色に染まった桜も葉桜へと変わり、だんだん暖かく過ごしやすい気候になってきました。お城巡りにもこれからの季節は最適。昨年は「天空のお城」「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる兵庫県朝来市の竹田城に行ってきました。

IMG_0020_2

 穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれる職人集団が手がけた石垣は、ほぼ加工されていない自然石を巧みに積み上げており圧巻。虎が臥せっているようにも見えるので、別名「虎臥城(とらふすじょう)」とも呼ばれています。

 週末は竹田城行きのバスも出ており、道も整備されているため年配やお子様でも行きやすいのも魅力。雲海が出現しやすい季節は晩秋ですが、新緑の木々に囲まれたこの時期の光景もなんとも言えぬ美しさです。

 つまり、なにが言いたいかというと、これから「サモンズボード」のゲーム攻略日記がはじまるよ! ということです。

 ランキングバトルが9日に終了しました。私のランキングはというと……。

写真

 はい、こんな感じです。クラスも残念ながらAどまりでした。ランクS++の報酬である白炎狐・キュウビはゲットならず。1日1回のBPフィーバーを活用していましたが、明らかなバトルチケット不足でした。

写真(2)

 キュウビを見事ゲットされた方はおめでとうございます。私の所持バトルチケット枚数は120枚。個人的には結構多いなと思っていたのですが、あっという間に枯渇してしまいました。少なくとも倍以上は必要だったと反省。そこで次回のランキングバトル開催に向けて準備をいまからしていこうと思います。

2

 もっとも効率よくバトルチケットを入手できるのは、土曜日のイベントダンジョン「バトチケダンジョン」です。ダンジョンの難易度は、易(消費スタミナ10)と普通(消費スタミナ20)です。バトチケのドロップ数はランダムですが、エリア数が1つ多い普通のほうがより多くバトチケを入手できます。味方モンスターの育成度合いで選びましょう。

写真(1)

 敵がバトチケをドロップする確率が、ほかのダンジョンに比べて格段に上がっています。私がプレイした限りですが、一番多いときで16枚(難易度普通)ゲットしました。次回のランキングバトルまでに枚数を確保し、次こそはクラスS ++を狙いたいと思います。ちなみに、クラスはランキングバトルが終了するとリセットされ、Fクラスに戻ります。

写真-1

 ランキングバトルで獲得したBPポイントは、ギルド強化に使います。メニュー画面の「ギルド」→「ギルド強化」から「HP強化」「攻撃力強化」「クリティカル強化」のうちひとつを選択します。

写真(1)

 使用するBPは「10BP」「100BP」「1000BP」のなかから選べます。一定のBPに達するとレベルアップ。味方モンスターのステータスアップ効果が高まります。この効果はギルド全員が受けられるので積極的にギルドに参加しましょう。

写真(1)

  ランキングバトルの獲得BPのギルド参加者全員の合計値も算出され、ギルド順位も決定します。上位にランクインするとロイヤルホークも報償としてゲットできます。ギルドにまだ参加していない方はぜひ登録してみましょう。

写真(1)

 今回はここまで。週刊アスキースタッフによるスマホゲーム投稿用アカウント「@ASCII_Game」(関連サイト)でも、サモンズボードについてつぶやいておりますので、こちらもチェックしてみてください。

イベント情報

140220_sb

[table id=34 /]

001サモンズボード
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
無料
バージョン: 1.0.6
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn


 MacPeople5月号(3月28日発売)は、Macintosh30周年特集第3弾として、初代MacintoshのSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまで歴代Mac OSの系譜をたどります。そのほか、WindowsユーザーのためのMac乗り換えガイド、iOS 7.1の新機能紹介、技術的な仕組みからプログラミングの基礎まで網羅したiBeacon徹底解説など盛りだくさんの内容でお送りします。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 

 また、2月28日発売のMacPeople4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として歴代ノート型Macの変遷を総力特集。また、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、こちらも盛りだくさんの内容。5月号とあわせてぜひお読みください!

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

 

Comments are closed.