文●寺田祐子(MacPeople編集部

 こんにちは。首都圏は桜満開、春真っ盛り。4月に突入し、初々しい新入社員のあいさつにほっこり癒される今日この頃です。そんな浮かれ気分もつかの間、実は残念なお知らせが。とうとう、詰んでしまいました。

 ノーマルダンジョンのレベルが上がってしまい、手持ちも味方モンスターでは太刀打ちできないように。味方モンスターのレベルもMAXまで上げてしまい打つ手なし。新生活が始まったばかりだというのに、私のサモンズボード攻略日記はここで終わってしまうのでしょうか。

 最初に「レアガチャはやらないんだからっ!」と言ってしまった手前、そのルールを覆すわけにもいかない。約束といえば、新撰組の局中法度を思い出します。局中法度は作家の子母沢寛の造語で、当時は禁令と呼ばれていたそうです。禁令を破った者は即切腹で、内部粛正されて死んだ隊士は50名近いといわれており、その厳しさを窺わせます。写真は近藤勇と土方歳三今生の別れの舞台となった流山の陣屋跡です。

IMG_0037

 ……と最終回と思われた方もいるかもしれませんが、攻略日記は続きます。思わずほかのアプリに浮気してしまったり、アプリボタンをじっと見つめて、なかなか開けなかったり。家庭崩壊寸前のサラリーマンのような心境になっていましたが、次のネタを思案しながらアプリを開くと「ランバト開催」の文字に救われました。ランキングバトル、略してランバト。実は初体験です。

IMG_0029

 ランバトとは、他のユーザーさんと対戦することでBP(バトルポイント)が入手できるというもの。ランバトに参加するには、VSチケットが必要です。「モンスター探索」やイベント/ノーマルダンジョンの宝箱からもらえます。VSチケットはメニュー画面上部の右側に表示されています。

IMG_0041

 開催期間中に集めたBPで個人順位が決定。順位に応じて特別な報酬が手に入ったり、モンスターのステータスを高めることができます。ちなみに、開催期間が終わるとBPはゼロになってしまうので注意が必要です。

 メニュー欄の「ランバト」→「ランキングバトル」を選択すると、対戦者一覧が表示されます。上部の更新ボタンを押せば、一覧を切り替えることも可能。自分のランクや味方モンスターレベルを考えて対戦者を選びましょう。

IMG_0037

 対戦者を選ぶとVSチケットを何枚ベットしますかとの表示が。枚数を増やした分、獲得できるBPやGPは増えます。10枚ベットすると、1枚のときより10倍BPとGPが獲得できるため、大変魅力的ですが負けるとVSチケットはなくなってしまうため、ハイリスクでもあります。本当に勝てる自信があるときだけVSチケットを多くベットするといいでしょう。

IMG_0036

 あとは戦うだけ。バトルはほかと変わりませんが、バトル回数は他のダンジョンと違い1回のみです。

写真

 無事バトルに勝利し、一定の経験値を獲得するとクラスが上がります。クラスが上がると、特別な報償も受け取れます。また、今回は初回バトルに参加するだけで勝敗に関わらず5万コインを獲得できます。ぜひ参加してみましょう。

IMG_0035

 また、効率よくBPやGPを稼ぎたいなら、BPフィーバーがお勧めです。

IMG_0038

 ランクが20以上でスタミナが一定以上減るとBPフィーバーに突入します。1日1回ですが、獲得できるBPとGPがなんと5倍。BPフィーバーも時間制限がありますが、時間切れでも再度スタミナが減れば再発生します。VSチケットの枚数に余裕がないときは、ノーマルかイベントダンジョンでスタミナを削り、BPフィーバーを発生させてから挑戦しましょう。ランバトの期間は4月9日の23:59まで。次回の連載ではこの結果をお知らせしたいと思います。

 ちなみに、現在は「春の新生活応援イベント」も展開中。ユートピアダンジョンのロイヤルホークの発生確率が高くなっていたり、期間中にログインすれば30000コインがもらえたりと、何かとお得です。また、初回購入限定で光結晶が6個で通常500円のところ100円で手に入ります。私は約束を守る以上、購入できませんが。

 IMG_0040

 週刊アスキースタッフによるスマホゲーム投稿用アカウント「@ASCII_Game」(関連サイト)でも、サモンズボードについてつぶやいておりますので、こちらもチェックしてみてくださいね!

イベント情報

140220_sb

[table id=34 /]

001サモンズボード
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
無料
バージョン: 1.0.3
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn


 MacPeople5月号(3月28日発売)は、Macintosh30周年特集第3弾として、初代MacintoshのSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまで歴代Mac OSの系譜をたどります。そのほか、WindowsユーザーのためのMac乗り換えガイド、iOS 7.1の新機能紹介、技術的な仕組みからプログラミングの基礎まで網羅したiBeacon徹底解説など盛りだくさんの内容でお送りします。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 

 また、2月28日発売のMacPeople4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として歴代ノート型Macの変遷を総力特集。また、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、こちらも盛りだくさんの内容。5月号とあわせてぜひお読みください!

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

Tagged with:
 

Comments are closed.