文●諸富大輔MacPeople編集部

 高品質なiPad用ケース・キーボードを次々とリリースしている米ベルキン社。同社からiPad Air用のキーボード付きケースが発表されました。iPadで本格的に文書作成をする人にとって、必須アイテムとも言える外付けキーボード。その使い勝手はいかに?

Belkin QODE Thin Type Keyboard Case for iPad Air

アスキーストアで購入する

belkin_02

 こちらが本体。「ケース」という名は付いていますが、Apple純正のSmart Coverのように磁石でくっつけるタイプで、覆うというよりは貼り付けるといった感じ。一方、アルミニウム製のボディーは作りがしっかりしていて、高級感があります。

 iPad Airとの接続はBluetooth。本体の「Fn」キーを押しながら「Pair」キーを押すことで、ペアリングモードになります。あとはiPad側で「設定」→「Bluetooth」画面で本機の名称をタップすれば簡単にペアリングできます。本体にバッテリーを内蔵しており、付属のUSBケーブルで充電する方式です。

belkin_01

 こちらが入力スタイル。iPad Airを縦置きにしても使えます。スタンド兼キーボードとして使う場合は、iPad Airをキーボードの上部にある溝に差し込んで立てます。単純な溝なので、画面の角度調整はできません。

belkin_03

 iPadを閉じた状態。サイズ的にはiPad Airにジャストフィットするのでいいのですが、接続部分であるマグネットの磁力がやや弱めな印象。個人的にはもっとガッチリくっついてくれるほうが好みです。

belkin_04

 Apple純正のワイヤレスキーボード(上)と比較してみました。アルミのフレーム、樹脂製のキーともに、質感では負けていません。キートップの印字も純正の英語キーボードに似たデザインになっており、iPad Airとの相性はバッチリです。

 横幅が狭まっているぶん、キーのサイズやピッチ(キー間の距離)は本製品のほうが若干小さめ。ストロークの深さは純正と同じくらいですが、打鍵感は本製品のほうがやや硬い印象です。サイズをコンパクトに収めつつ、入力しやすさを極力犠牲にしないように工夫されています。

belkin_05

 本製品の最大のウリは、キーの最上段にiOS用の各種キーが用意されていることです。特に、ホームボタンやアプリ切り替え(ホームのダブルクリック)がキーボードから実行できるのは便利です。なお、上の図で赤字で表記している機能は、「Fn」キーとのコンビネーションで実行できます。

 ちなみに、中ほどにあるラジオのようなアイコンのキーの用途は、付属のマニュアルにも開発元のウェブサイトにも見当たらず、不明です。アイコンの絵柄から、「iTunes Radio」(日本では未展開)関連の機能なのかもしれません。

 というわけで、「ケース」として見た場合にはもう少しiPad Airとの一体感が欲しかったところですが、「外付けキーボード」としてはかなり優秀だと思います。

アスキーストアで購入する

 


 MacPeople5月号(3月28日発売)は、Macintosh30周年特集第3弾として、初代MacintoshのSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまで歴代Mac OSの系譜をたどります。そのほか、WindowsユーザーのためのMac乗り換えガイド、iOS 7.1の新機能紹介、技術的な仕組みからプログラミングの基礎まで網羅したiBeacon徹底解説など盛りだくさんの内容でお送りします。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 

 また、2月28日発売のMacPeople4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として歴代ノート型Macの変遷を総力特集。また、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、こちらも盛りだくさんの内容。5月号とあわせてぜひお読みください!

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

Comments are closed.