(文●ムラリン

 ヨーロヨーロレイヒーレイヒアレイヒー

 おじーさーぁぁん!

 どうも。週アス編集部・中堅パズドラーのムラリンです。先日導入されました三国志シリーズが空恐ろしい性能で驚愕しておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。ワタクシはといえば、ホントは曹操と呂布が欲しかったのにそれ以外が当たるという幸運に恵まれまして当惑しております。なんでしょうか。回復パに転向せよということでしょうか。まぁ、サンダルフォンも出たしそれもありかなーと思いつつもまるで育っていないということで今日も元気にサタンパ安定なわけですが、さて今回は、またしてもリバイバルダンジョンの攻略であります。こちら!

 「ガンホーコラボダンジョン」超級・攻略法

 まぁ、リバイバルですんでね、もうすでにとっくに3年くらい前にもうクリアーしちゃったよ、そんなの! というそこのあなた! 嘘ついちゃいけません! パズドラは、まだサービス開始から2年しか経ってませんよ! ねぇ、そんなわけで、このダンジョンが初実装されたのが2013年の4月10日。去年の今頃なんですね。まだ1年くらいしか経ってません。その割には昨今のスペシャルダンジョンと比較すると、ちょっとぬるい感じがするんですが、まあ、ここのところのインフレ具合がちょっとどうかと思うくらいエスカレートしているだけで、このダンジョンもまだまだ初心者、ともすると中級者でもやや手こずるようなところがいくつかありますので、今回はそういった方々に、このダンジョンの攻略ポイントと共にご紹介していきたいと思います。

 てなわけで、今回このダンジョンを攻略するメンバーはこの方々。

001

 コンセプトとしては、最終ボスであるアークエンジェリング(水属性)とデビリング(闇属性)のダメージを半減しつつ、そのほかのメンバーのダメージを2倍にする、という感じでしょうか。

 リーダーとフレンドには、闇・水半減のリーダースキルをもつアビスネプチューンと木属性のダメージを2倍にする木属性の機械龍カノープス。残りのメンバーは、威嚇用のエキドナと、ダメージアップの恩恵を受けるべく木属性の面々。防御態勢を持つフォートトイプス、火→木変換のエンシェントドラゴンナイト、いざというときにヒールが使えるアルラウネという組み合わせ。

 とまぁ、このようなメンバーですが、これはあくまでもサンプルで、アビスネプチューンさえれば、あとは悪魔タイプの攻撃2.5倍とかネプチューンも攻撃力をあげたいんで残りも水属性にしちゃうとか、割とどのように組んでいただいてもOK。

 必要なのは

  • 闇/水半減
  • 威嚇
  • 防御態勢

 この3種だけあれば、とりあえず手持ちで攻撃力アップが望めそうなメンバーを選出すればよいと思います。

 とはいえ、今回のメンバリングで一番やっかいなのが、そもそもアビスネプチューンをリーダーに設定している人が少ない、という点でしょうか。もし、自分でアビスネプチューンを持っていない、フレンドにもリーダーにしている人がいない、という場合には、自分で水か闇の半減リーダーを設定し、フレンドにもうひとつの属性の半減リーダーを据える、という形でも、攻略スピードは落ちますが、まあなんとかなると思います。

 それでは、このダンジョンの攻略のキモをみていきましょう。

002
003

 1〜4階は雑魚戦。雑魚はいろいろ出てきますが、どれもそれほどHPも攻撃力もそれほど高くないので、基本的に攻撃力の高い敵をターゲットしつつ、先に倒していけばよいのではないかと思います。

 登場する雑魚を、攻撃力の高い順に並べますと、

闇 キャシー・クレイジー
光 ドロップス
木属性 ECO・シャボタン
水属性 鵜飼孫六
木属性 ゼリーエンジェル

 ただし、キャシー・クレイジーは半減対象なので、実質ダメージは一番下になります。なので、真っ先に倒すべきはドロップスということになります。

005

 5階は中ボス戦。登場するのは、ECO・サラマンダー・アルマ

 火属性なのでダメージ半減は効きませんが、毎ターン2481ダメージほどなので、スキルを使ってこなければ、それほど脅威にはなりません。また、今回は主力を木属性にしているので、削るのに少々苦労するかもしれません。もしスキルが貯まっていれば、アビスネプチューンのヒュドラの毒を使ってしまってもOK。

 敵が使ってくるスキルは、ファイアブラストが3101ダメージ。毎ターン攻撃なので、スキルを使われたら次のターンでは、なるべく回復を。もうひとつ、HPが30%程度になると希に使ってくる燃えちゃえーっ!

006

 こちらは2482〜6205ダメージ。連続して使われると割とやっかいなので、威嚇を使って立て直したり、防御態勢で回復ドロップを用意して回復を図りましょう。

 ここは少々やっかいですが、ここだけ抜ければ、今回のパーティーでは、あとはそう苦労はないと思います。

 6〜8階はまた雑魚戦。9階で第2の中ボス戦。カイトペンペンバルーンペンペン×2です。

010

 ここは特に特筆すべきことはありません。バルーンペンペンはHPが低く、攻撃力が2倍以上になっていれば、全体攻撃でほぼ一撃。カイトペンペンも、ビッグボムというスキルが8003ダメージですが、2ターンに1度の攻撃なので、十分回復が間に合います。

 そして、10階でボス戦。

 このダンジョンは、ボスが2体出てくるタイプのダンジョンで、先にも書きましたが、1体は水属性のアークエンジェル。もう1体は闇属性のデビリングです。

020

 一応、両者の基本ステータスを。

アークエンジェル
HP 406260 2ターン攻撃
通常攻撃 6893ダメージ

デビリング
HP 373727 毎ターン攻撃
通常攻撃 3538ダメージ

 こうしてみると、昨今のダンジョンボスに比べると格段にHPが低く、ダメージも小さいことがわかります。本来なら、9倍、16倍などの高攻撃力チームを組めば、特に苦労することなく攻略できてしまうダンジョンなのですが、今回はあえて低火力パーティーでの攻略法をご紹介しています。

 このダンジョンボスの大きな特徴は、片方を先に倒してしまうと、残る1体が孤軍奮闘というスキルを使ってきて、攻撃力が3倍になります。デビリングは10614ダメージの毎ターン攻撃に。アークエンジェルは20679ダメージの2ターン攻撃になり、これではいくらなんでもジリ貧になってしまうので、パーティーが火力不足の場合には、できるだけ均等にHPを削っていきます。

 とはいえ、2ターンに1度は敵の攻撃がかぶるので、6893+3538=10431ダメージを耐える必要があります。そこで、闇・水W半減が効いてくるわけです。これで、2ターンに1度、5215ダメージで済みます。

 というわけで、まずは、開幕ヒュドラの毒を。

021

 毒は、均等に両者のHPを削ってくれます。さらに、今回は主力が木属性なので、まずは削りづらい闇属性のデビリングをターゲット。

022

 これをなんとかがんばってHP残り3〜4割程度まで減らします。

023

 途中、危なくなったら防御態勢などで立て直しを。

024

 ここまで削ったら、ターゲットをアークエンジェリングに移し、ドロップ変化なども使いながら攻撃。毒スキルで、すでに半分近くまでHPが削れていると思います。

025

 アークエンジェルは、HPが50%を切ると、1度だけ【天使の輪】という、ランダムで4体を1〜3ターンバインドするスキルを使ってきます。

026

027

 アビスネプチューンがフル覚醒していれば、まずバインドにかかることはありませんが、万が一バインドされてしまった場合には、HPが10431以上あれば、1度は同時攻撃に耐えられますので、エキドナのバインドが解け次第威嚇防御態勢で回復を用意し、HPを立て直し。その間にすべてのバインドが解けるはずなので、先ほどまでと同じように攻撃を続けます。先にアルラウネがバインドから復帰しているようなら、【キュアー】を使ってもOK。

028

 そうこうするうちに、デビリングが、毒スキルの効果でもうじき倒せそう!となったら、

029

 まずは威嚇

030

 あとは威嚇が効いている間に、毒のダメージと、木属性の攻撃で、両者とも倒してしまえると思います。

031

 というわけで、撃破!おつかれさまでした!

 ガンホーコラボダンジョンは1週間限定のリバイバルダンジョンなので、攻略できるのもあと3日。まだみ攻略の人は、ぜひ、トライしてみてくださいな!

 そんじゃまた来週!

 


 MacPeople5月号(3月28日発売)は、Macintosh30周年特集第3弾として、初代MacintoshのSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまで歴代Mac OSの系譜をたどります。そのほか、WindowsユーザーのためのMac乗り換えガイド、iOS 7.1の新機能紹介、技術的な仕組みからプログラミングの基礎まで網羅したiBeacon徹底解説など盛りだくさんの内容でお送りします。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 

 また、2月28日発売のMacPeople4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として歴代ノート型Macの変遷を総力特集。また、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、こちらも盛りだくさんの内容。5月号とあわせてぜひお読みください!

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

Comments are closed.