文●山口ひろ美MacPeople編集部

 こんばんは、MacPeople編集部の女子編集者・山口ひろ美です。自宅のリビングでiPadを使って調べ物をしているとき、飲食店のクーポンやら行き先の地図など印刷したいときがありますよね。MacやPCをあらためて起動するなんてナンセンス! 簡単にiPadから印刷できる方法があるの、ご存じですか?

20140330yamag_AirPrint_01

 

 実は、方法なんていうほど大したことではありません。自宅のプリンターが3年以内くらいに発売された機種でWi-Fi機能を搭載していれば、iOS標準機能の「AirPrint」を使えばOK。iOS側に専用アプリをインストールする必要も、MacやPC側にドライバーを入れる必要もないのです。

 例えば、iPadのChromeで見ているページを印刷したい場合。メニューボタンから「印刷」を選択します。

20140330yamag_AirPrint_03

 「AirPrint」を選択したところ……

20140330yamag_AirPrint_04

 何の設定もしていないのですが、Wi-Fiに接続しているプリンターが見えました。

20140330yamag_AirPrint_05

 必要な設定をして「プリント」を押すと、問題なくページが印刷されました。

20140330yamag_AirPrint_06

 この機種、正式にはAirPrint対応じゃないはずなんですが問題なくできちゃいました。

20140330yamag_AirPrint_02

 Chromeからだけでなく、写真など共有ボタンから印刷が可能です。

20140330yamag_AirPrint_11

 AirPrint対応機種ではない場合、「Googleクラウドプリント」という方法もあります。ChromeからMac/PCを介してGoogleを経由して印刷する機能で、ネット経由なので自宅外から自宅のプリンターに印刷するといったことも可能です。利用するには、Chromeで設定しておきます。

 「設定」の「詳細設定を表示」から「Googleクラウドプリント」を選択。

20140330yamag_AirPrint_07

 画面に従って進みます。

20140330yamag_AirPrint_08

20140330yamag_AirPrint_09

 あとは、AirPrintと同じ要領でブラウザーの印刷から選ぶだけ。AirPrintと違い、Googleクラウドプリントの設定を行ったPCが起動している必要があります。

20140330yamag_AirPrint_10

 これまで、iPadで調べた情報を印刷するのにMacやPCで開き直していたという人は今すぐに使ってみてください!


 さて、好評発売中の5月号(3月28日発売)では、Mac生誕30周年企画としてMac OS進化の系譜を掲載。そのほか、4月9日にサポートが終了するWindows XPからの移行方法も紹介しているWindowsユーザーのためのMac買い換えガイド、iOS 7.1徹底解説、いま話題のiBeaconの最新情報すべてなど、見逃せない特集が盛りだくさんです。

  3月号(1月29日発売)では初代Macから最新のMac Proまでデスクトップマシンを、4月号ではMacintosh PortableやPowerBookから最新のHaswell MacBookまで歴代ノートタイプを網羅。表紙のお揃い感も楽しく、3、4、5月号はぜひとも揃えたい!

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

 

Tagged with:
 

Comments are closed.