文●寺田祐子(MacPeople編集部

 こんにちは。長かったですね〜メンテナンス。3月13日1時から7時までの予定だったメンテナンスですが、15日にやっと再開しました。リケジョならぬレキジョな私個人としては「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」ではないですが、待ったかいがありました。

 iOS版は以下のお詫びを受け取りました。

  • 光結晶×12個
  • ロイヤルブルーホーク×5体
  • ロイヤルイエローホーク×5体
  • ロイヤルレッドホークx3体
  • 11000コイン
  • 4400GP
  • VSチケット×11枚

 この光結晶でモンスターボックスを拡張したら、所持数が140まで拡大しました。ホーク系も結構そろいましたヨ。

SM1

 孫子は「勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝ちを求む」と言ってます。とてもざっくり言うと、勝つには十分な計画を立てましょう〜てことです。孫子を見習って、加藤清正が建てた熊本城のようにさらに堅固なモンスターボックスを目指します。ちなみに、熊本城は西南戦争で新政府軍の猛攻を受けても落城しなかった堅固な城です。でも火災で焼失してしまいましたけど。

kumamoto

 完全に話がそれましたが今回は、まだ足りない進化用素材があったので曜日ダンジョンを攻略したいと思います。

SM2

 ご存知の方も多いですが、進化用モンスターが出現するダンジョンは火曜日から金曜日まで日替わりで登場します。よく忘れるので、私は最新情報ページに掲載されているのでそのつど確認してます。「モンスター」→「モンスター進化」から必要な進化用モンスターを確認できますヨ。

 特に難易度が高いのが金曜日の「バードパラダイス」です。バードパラダイスのフロアは、難易度が「難」の木鳥舞う/水鳥舞う/火鳥舞う(スタミナ消費25)、難易度が「極」の極彩鳥舞う(スタミナ40)の4つから選びます。闇と光の属性のリードはどのフロアのボス戦以外に登場しますが低確率です。

 ほかの曜日ダンジョンよりスタミナも消費しますし、出てくる敵も強いのでしっかり備えておきましょう。

SM3

 無事、進化に必要な進化用モンスターがそろいましたので、進化/育成を進めます。石版のかけらを集めてゲットした「グリーンピクシー」を「リーフピクシー」「ジュピトピクシー」に進化、「ベビー」を「ベヒーモス」「ラッシュベヒーモス」に進化、レベルを最大までMAXにしました。序盤で手に入るモンスターばかりです。

SM4 SM5

 ジュピトピクシーは、スキル「キュアハーモニー」があり、味方全体のHPを35%回復してくれます。またリーダースキルとして「コインフィーバー」があり、ダンジョンで入手できるコイン量も2倍になります。

SM7

 移動範囲も広いので序盤では結構役に立ちそうです。

 また、メンテンス後にキャンペーンも多数はじまりました。中でも面白いと思ったのは、26日まで開催中の「トレジャーハンティング」。モンスター探索で手に入る報酬がアップしてます。コインやGP、ロイヤルホークの入手確率がアップしてます。

SM9

 私もロイヤルホークを1体使って20時間探索へ送りました。

SM10

 ロイヤルホークもゲットできましたヨ。激レアのモンスターはよりいい報酬を得られるそうです。

 今回はここまで。次回もイベントに挑戦していきたいと思います。なお、週刊アスキースタッフによるスマホゲーム投稿用アカウント「@ASCII_Game」(関連サイト)でも、サモンズボードについてつぶやいておりますので、こちらもチェックしてみてくださいね!

イベント情報

140220_sb

[table id=34 /]

001サモンズボード
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
無料
バージョン: 1.0.3
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

 


 Macintosh生誕30周年を迎え、MacPeopleでは歴代のMacを大紹介。懐かしのMacintosh PortableやPowerBookから最新のHaswell MacBookまで、歴代ノートタイプはMacPeople4月号をどうぞ! 3月号と4月号を揃えると完璧です。

 そのほかに2014年知っておきたい最新テクノロジー解説や、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、引き続き250ページの大容量でお届けします。

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 3月号(1月29日発売)では、初代Macから最新のMac Proまで網羅しているわけですが、「ノートがないんですけど!」というご意見があったのも事実。実は4月号(2月28日発売予定)でがっつり紹介しているんです!

Tagged with:
 

Comments are closed.