(文●iPhonePLUS

 iPhonePLUSへアプリ記事をご投稿いただいている開発者のみなさま。このたびは、当サイトへ御参加いただき、誠にありがとうございます。iPhonePLUSをスタートしてから、早いもので今月でちょうど半年になります。

 さて、皆様のご投稿記事をより多くの方に読んでいただけるよう、恐縮ではございますが、『記事作成時のポイント』をまとめましたので、今後の参考にしていただけたら幸いです。

 また、当サイトへご投稿いただくにあたり、『基本的な投稿手順』については以下でご案内しておりますので、あわせてご覧ください。

iPhone/iPadアプリ開発者のみなさまへ。投稿手順のご案内です

 

(1)記事タイトルは、通常28文字まで。長くても35文字以下にする。

 記事の公開と同時にTwitterでも共有しているため、簡潔にまとめることでひと目で何の記事なのかがわかりやすくなります。また、あわせて「アプリ名」を入れるといいでしょう。アプリ名が長い場合は、「メイン」を入れるようにします。

例:「アスキーさん太郎」をアップデート、新機能2つ追加

wpmnu_003

(2)本文中、改行を入れ過ぎない。

 ひと言あるごとに改行を入れてしまうと、文と文のあいだが空いてしまい見にくくなってしまいます。昨今では、iPhoneやAndroidといったスマホ端末からの閲覧が非常に多くなっているため、なるべくこれらを意識した記事作成をおすすめします。

 パソコンから記事を作成することがほとんどだと思われるので、つい大きなディスプレー基準で作ってしまいがちです。注意しましょう。

※コピペでテキストを流し込む際、属性が維持されレイアウトが大きく崩れることがあります。この場合、コピペではなくWordPress内で直接テキストを打ち込んで入力するか、「プレーンテキストとして貼り付ける」などで対応してください。

wpmnu_004

(3)挿入する画像サイズに注意する。

 iPhone画面のキャプチャ画像であれば、そのままWordPressへアップロードしていただいても構いません(アップロード後に縮小)。ただし、それを超えるサイズの画像が多数ある場合、表示速度に影響が出てしまう恐れがあるので、あらかじめサイズを小さくしてからWordPressにアップロードしましょう。

(4)画像にキャプション(説明)を入れる。

 説明を画像の上または下に入れるほかに、「キャプション」としても入れることができます。これを利用することで、その画像に対する説明であることが一目瞭然です(長文ではなく、補足程度)。

キャプションはここに表示されます。

キャプションはここに表示されます。

(5)画像にフチをつける。

 背景が白い画像はフチをつけることで見やすくなります。フチの入れ方は、画像の編集画面より「詳細設定」を選択し、「画像のプロパティ」の「外枠」項目に「1」を入力して更新すればOK。

※(2014.12.03追記)WordPressの仕様変更によりできなくなりました。

140319satom_howto_001

状況に応じてフチを使い分けましょう。

(6)画像は横並び“2つ”までがおすすめ

 先に書いたように、スマホ表示を基準に記事作成をおすすめしていますので、横並びの画像は2つ以下にしましょう。この場合、あらかじめ横並びした1枚の画像を作ってからWordPressにアップロードし記事内に挿入してください。

(7)アップデート告知記事には、アプリのサマリー(要約)を入れる。

 リリース記事は通常、それがどんなアプリなのか説明を入れるかと思いますが、アップデート告知記事でも同じように説明(サマリー)を記事の冒頭もしくは末尾に入れましょう。初めてアプリを知った読者にもわかりやすく、ダウンロードにつながりやすくなります。

 最後になりますが、iPhonePLUSへのご投稿については、リリースやアップデート以外でもOKです。たとえばゲームアプリなら『攻略記事』、ツール系アプリなら『利用シーン記事』など、ご自身のアプリをどんどんアピールしていただければと思います。繰り返しになりますが、基本的な投稿手順については『iPhone/iPadアプリ開発者のみなさまへ。投稿手順のご案内です』をご覧ください。

 なお、iPhonePLUSでは引き続き開発者さんからの御参加を募集しています。詳しくは『iPhone/iPadアプリ開発者のみなさまへ。このブログに御参加いただけませんか? もちろん無料ですw』をご覧ください。よろしくお願いいたします。

 

Comments are closed.