(文●ムラリン

 すまぬ!(地面に額をこすりつけながら)

000

 いきなり土下座から入りますが、週アス編集部・中堅パズドラーのムラリンです。いやー、思ってたより難しいわ、バットマンコラボ(^^;

 とはいっても、前回の登場する敵がジョーカーオンリーだったときよりはだいぶマシではあります。が、やはりギガグラ持ちもガチャ限定モンスターも使わずにこのダンジョンの超級をクリアーするのは、私には無理でした。申し訳ない。

 代わりと言ってはなんですが、以前にもこのコラムでご紹介させていただいたまあぼさんのサイトが、なんとなく使えそうな攻略パーティーを紹介していたので、今回はそちらをご案内させていただきます。

 無課金攻略 新・バットマンコラボ(超級)ヴァンパイアPT編(外部リンク)

 こちらはヴァンパイアデュークと、フレンドにキルアを配した闇8倍パーティー。私もこれ挑戦してみたんですが、クリアーはできそうですが、なかなかシビアです。何回かトライして、成功するときもあれば失敗するときもあるという感じ。ただ、私がいろいろ試してみたところでは、最も正解に近いんじゃないかと思います。

 無課金攻略 新・バットマンコラボ(超級)ちょっと大変か・・・(外部リンク)

 こちらは闇ノエルと天ルシを使った耐久パ。ただ、こちらではメンバーにヘラを2体入れていますので、まぁ、ご自分でも書かれてますが、これが組めるなら、もうちょっと自分の使えるメンバーでパーティーを組める人だろうと思います。

 とはいえ、ただ人様の攻略法を紹介しただけでは記事としていかがなものかとも思いますので、今回は、このバットマンコラボダンジョンで手に入るモンスターたちの使い道とか、そのあたりの解説をしてお茶を濁したいと思います。

あ、ちなみに私は、超級、地獄級ともサクヤ25倍パで周回しているのですが、基本、このダンジョンは攻撃倍率を上げたパーティーで6階の中ボスと7階のボスをいかに攻略するかが肝になります。そのあたりは、各々自分のメンバーを鑑みてがんばってみてください(←投げっぱなし)。

 では早速、今回のダンジョンで手に入るモンスターの勘所などをつらっとご紹介。

BAB・ファイヤーフライ+火炎放射

001

攻撃タイプ
リーダースキル:防火性
 火属性の敵から受けるダメージを半減させる

スキル:バーストボム
 2ターンの間、敵の防御力をかなり減らし、さらに敵1体に攻撃力の50倍の攻撃をする

 リーダースキルは、まああれですね。ほかにもこういったスキルを持った子が結構いるので、わざわざこの子をリーダーに据える必然性はあまりないかもしれません。

 一方、スキルのほうは、ヒノカグヅチと同じスキルになってまして、スキルレベルが1だと30ターンもかかりますが、最大でレベル16まで上げることができ、スキルレベル最大で15ターンで使えるようになります。ファイヤーフライのレベル最大時の攻撃力は1348ですんで、バーストボムの威力は67400ダメージ。単体の敵向けなので、スキルレベルを最大にまで上げれば、まあ使えなくもない、っといったところでしょうか。

 こいつが活躍する場面があるとすれば、コストが10と低いことで、コスト制限ダンジョンなどでは、十分ダメージソースとして活躍してくれそうです。進化前のエヴァコラボキャラなどと組み合わせるといいかもしれません。

BAB・S・グランディ+月曜生まれ

002

体力タイプ
リーダースキル:自己蘇生
 HPが0になる攻撃を受けてもふんばることがある

スキル:ダブル攻撃態勢・水
 木ドロップと回復ドロップを水ドロップに変化させる

 敵として出てくるとメンドーなやつですが、今回のコラボキャラの中では一番の外れクジではないかと。リーダースキルは、いわゆる根性と同じで、ギガンテスすら究極進化でド根性を得た今、わざわざ根性を使う理由がありません。

 また、スキルのほうはヘルメスと同じものなのですが、もしヘルメスを持っていなければ、ボックスに1体確保しておいてもいいかもしれません。ドロップ変換スキル持ちは、いるに越したことはないですからね!

BAB・カッパーヘッド+毒爪

003

バランスタイプ
リーダースキル:曲芸師
 3コンボ以上で攻撃力が2倍になる

スキル:毒の霧
 1ターンの間、悪魔タイプの攻撃力が1.5倍になり、さらに敵全体を毒にする

 リーダースキルは、まぁ確かに曲芸レベルで使いどころなし。スキルはリリスと同じものですが、コスト制限ダンジョン、、もしくはバランスパで、どうしても毒スキルが必要、といった場合に限り、活躍しそう。もちろん、リリスを持っていない人は、1体確保して、スキルレベルをMAXまで上げておくと吉。リリスよりドロップしやすいしね。

 と、ここまでが、まぁいわゆる雑魚敵。どの敵も進化後のコストが10、レア度が★4なので、制限ダンジョン向けに、1体ずついると、そのうち出番があるかもしれません。ステータス的には、このコスト帯の割には悪くないので、制限ダンジョンなら、十分に戦力になります。

 お次は中ボス。

BAB・ベイン+ヴェノム

004

体力タイプ
リーダースキル:ザ・リベレーター
 光属性のHPと攻撃力が1.5倍になる

スキル:ソーラーレーザー
 敵全体に7777の固定ダメージ

 こいつはスキルがラーと一緒で、しかも低コストでメンバーに加えられ、ステータスも最大でHPが2553、攻撃力1228と割と使いどころが多そう。このダンジョンで2種登場する中ボスのうち、出現率が高いほうであり、かつ、道中でも稀に進化前のBAB・ベインが登場するので、スキル上げも狙える。スキルレベルを最大まであげると、9ターンで固定ダメージスキルが使えるようになるので、ラーを持っていない人は、こいつのスキル上げを狙うといいかも。

BAB・デスストローク+ウェポン

005

攻撃タイプ
リーダースキル:コントラクトキラー
 水、光、闇で同時攻撃する時、攻撃力が3倍になる

スキル:魔槍グングニール
 敵1体に攻撃力×50倍の闇属性で攻撃し、さらにHPが少し回復する

 本ダンジョン、一番の当たりクジ。リーダースキルも3色コンボの倍率アップ系で、十分実用的。ホルスと合わせて12倍攻撃、なんてことも可能。また、スキルは覚醒神秘・オーディン(青オーディン)と同じ。レベル最大時の攻撃力は1430で、その50倍の攻撃というと、71500ダメージ。少し回復する、というおまけは、実はおまけとは程遠く、与えたダメージの15%に相当する。レベル最大時だと、71500ダメージの15%なので、10725も回復するのだ。しかも、主属性が闇で、副属性が光。天ルシパに入れて、明けの明星魔槍グングニール明けの明星なんて使い方も可能。それでいて、青オーディンがコスト60なのに対し、こいつのコストはわずか25。まさに、中級者なら1体は欲しいモンスターだ。

 そして最終ボス

BAB・ジョーカー+Aブロッサム

006

悪魔タイプ
リーダースキル:イカれた黒幕
 特定のスキルがランダムで発動する

スキル:キリングジョーク
 攻撃後、凄まじい追い打ちをかける

 もっとも評価が難しいのがボスのジョーカー。ステータス的には、悪魔タイプでレベル最大時HPが2593、攻撃力1863と、悪くはない。しかし、なにしろスキルが使えるかどうか判断が難しい。ランダムで発動されるスキルは、今のところ以下のものが確認されている。

攻撃系
ヒートブレス 敵全体に自分の攻撃力×3倍の火属性攻撃
アースボール 敵全体に木属性の大ダメージ攻撃(3000ダメージ)
ヘルボール 敵全体に闇属性の特大ダメージ攻撃(20000ダメージ)
ギガグラビティ 敵のHPを30%減らす

変換系
東方七星陣 全ドロップを水、木、闇ドロップに変化させる
南方七星陣 全ドロップを火、木、光ドロップに変化させる
西方七星陣 全ドロップを火、水、闇ドロップに変化させる
北方七星陣 全ドロップを木、光、闇ドロップに変化させる
ドロップリフレッシュ ランダムでドロップを入れ替える

補助系
チェンジザワールド 10秒間、時を止めてドロップを動かせる

 攻撃系のブレス以外は、どれも有用なスキルなのだけど、狙って出せるわけではないのが辛いところ。キリングジョークは、スキルレベルがMAXなら、最短10ターンで使える。10ターンでギガグラビティが打てれば儲けものだけど、すべてのスキルの発動確率が一定だとすると、およそ10%の確率。これはなかなか判断が難しいです。

 というわけで、一通りバットマンコラボの登場キャラを見てきましたが、総じて今回のダンジョンに登場するモンスターたちは、中級者にとってはとても有効なものが多い気がします。超級のクリアーが無理でも、せめてドロップ率がアップした日を狙って、上級を周回して、それぞれ1体ずつは確保、できればスキルレベルもできるだけ上げておくようにすると、なかなか役に立ってくれると思いますよ!

 そんじゃまた来週!

 


 2月28日発売のMacPeople4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

MacPeople4月号は歴代PowerBookとMacBook特集

Amazonで購入は表紙をクリック

Amazonで購入は表紙をクリック

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印

140226_mp_03

Amazonで購入は表紙をクリック

 Macintosh 30周年特集の第1弾は、3月号(1月29日発売)。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macを紹介していますので、ぜひセットでご購入ください。そのほか、超ド級スペックのMac Pro徹底解剖、iPhoneで操作できるデジタルガジェット大全、ブラウザーの超便利拡張機能などなど見逃せません!

Comments are closed.